IT関連の話題をピックアップしてコメント中!
by rtanaka
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
検索
リンク
最新のトラックバック
『近未来テレビ会議』で「..
from idea*idea
アースデイ 大阪
from アスファルト
『広告批評』の批評
from muse-9
SEOとスパムの狭間で・・
from WebGrove
「GPhone」でVer..
from トピックスバーストβ2.0
世界長者番付、ビル・ゲイ..
from スーパーサイヤ人
モバイルGmail Go..
from ブログで情報収集!Blog-..
Vista、発売開始から..
from IT最新ニュース
【再販権付き・特典40本..
from 情報販売のインフォカート・・..
人気観光地
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:Windows ( 37 ) タグの人気記事
Windows 7デビュー、その新機能は - ITmedia News
本日、米MicrosoftはProfessional Developer Conference(PDC)でWindows Vistaの後継を披露した。Windows 7の焦点はVistaとの類似性にあるが、ユーザーインタフェースはOfficeの特徴を取り入れている。

そろそろ Windows 7 について一言。

先日のPDCで開発者向けに披露され、Windows 7 の具体的な情報が出てきた。当社言われていた、これまでの Windows とは一線を画するものではなく Windows Vista をベースとしたものに変わったことは既に知られているが、やはり more Vista になっているようだ。事実、内部バージョン番号は 7 ではなく、Windows Vista の 6 に対して、Windows 7 は 6.1 になっているらしい。(CNET Japanの記事を参照

これが、当初から予定されたものか、実は当初予定された Windows 7 とは別物かは分からない。しかし、マーケティングの観点から Microsoft が「機能は Windows Vista の改良版、でも名称は全く違う Windows 7 が得策」と考えたことは容易に想像が付く。

確かにユーザーとしては、
・Windows Vista は UI がイマイチで不要な機能でリソースを使い過ぎる
・今更 Windows Vista は使いたくないが、Windows XP がいつまで使えるか不安
・Windows 7 が Vista の問題を解決してくれそうだが全く新しいOSも不安
なんて思っているので、Microsoft の選択は決して間違っていない。

で、最近の Windows 7 の記事を読んでいると、なかなか期待できそうだ。

例えば、「Windows Server 2008 R2は同じカーネルを使っている」とあるが、Windows Server 2008はGUIなし(Windows Server Core)で動作させられるなど、かなりダイエットしたカーネルをベースにしている。従って、余計なサービスを追加しなければリソースも抑えられ、かなり軽快に動作しそうだ。

カーネルをシンプルにすることは、起動およびシャットダウンの時間短縮にも繋がっているらしい。今の Windows は Mac OS X などと比較するとあまりにも遅すぎる。特に、ノートPCを外で使うときなどは大きなストレスになっている。

Windows XP から大きく変更されたユーザーインターフェイスも、ユーザーからフィードバックされた意見を取り込みながらシンプルで使いやすいものに改良されているようだ。また、MacBookで採用されたマルチタッチ入力のサポートにも言及しており、どんな風になるか期待したい。(特許の関係もあるので全く同じにはできないはず)

ただし、リボンインターフェイス(Office 2007のあれね)の全面採用はやめて欲しいな。素人には親切かもしれないけど、パワーユーザーにとっては貴重な画面スペースの無駄でしかない。特に最近流行のネットブックは画面が小さいので明らかに不向き。せめてオプションにしてほしい。

最も気に入らないUACも改善されそうだ。これは、システムが発する警告の度合いをスライダーで選択できるようになるらしい。でも、もっと根本的な設計思想の問題のような気がするが・・・(スライダーで最も少なくすると結局 Windows XP 以下になるんじゃないの?)

Windows 7 は早くても来年(2009年)中の出荷になりそうだが、今のところ期待半分、不安半分ってところかな。でも、使用するリソースが半減されるなら大いに歓迎したい。今年も残り2ヶ月ほどになったが、来年は Windows 7 の年になるのだろうか。

それまで Windows XP がもつといいけどね。
[PR]
by rtanaka | 2008-10-30 14:57 | products
Windows 7サーバ版は「Windows Server 2008 R2」に - @IT
米マイクロソフトの次期OS「Windows 7」のサーバ版は、Windows Server 2008のマイナーアップグレードになる。同社が8月18日、サーバ部門公式ブログで明らかにした。
Windows 7のサーバ版の名称は「Windows Server 2008 R2」となり、ロードマップでは2010年にリリースが予定されている。Windows Server 2008は今年2月にリリースされた。

Windows 7って、最初は革新的になると思えたがどんどんトーンダウンしてくる。でも、この記事でもう一つ注目すべきは、
クライアント版のWindows 7は、メジャーリリースになると同社は述べている。クライアント版も2010年のリリース予定となっている。

の箇所で、Windows Vistaの寿命もあと2年程度であることを意味している。

うーん、それまでWindows XPで頑張るか、一応、Windows Vistaに乗せかえるか。ちょっと悩むところだ。
[PR]
by rtanaka | 2008-08-22 12:06 | news
「Windows XP」の時代、まもなく終焉--ユーザーに残された選択肢:スペシャルレポート - CNET Japan
長い移行期間の後の6月30日、Microsoftの1つの時代は終わりを迎えるが、実際には、2つの時代が終わる日だ。

a0041513_046167.jpg

いよいよ、一週間後の6月30日で販売終了になる「Windows XP Professional (SP2)」のパッケージをついに購入。Windows用のPCはプリインストール版を使っているので、これはMac上のBootcampやVMwareで使うためのものだ。

しかし、Mac OS X v10.5 Leopardが14,800円、VMware Fusionが13,500円(今ならWWDC2008開催記念特別価格価格で7,980円)であることを考えると、Windows XPの35,500円はやっぱり高いよ!!
[PR]
by rtanaka | 2008-06-23 12:00 | column
なぜか変換できない vs. なぜか変換できる:最近の「MS-IME」は目に余る——よろしい、ならば「ATOK」だ (1/4) - ITmedia D PC USER
最近、Windows標準のかな漢字変換がおかしいと感じたことはないだろうか。それはおそらく、気のせいではない。某MS社員の中にも「ATOK」への乗り換えを考えている人がいるようだ。

a0041513_765168.jpg

先日も飲み会でこの話題で盛り上がったが、「IME開発の主体が、中国にシフトしまっている」ことが原因だそうだ。特に、Windows Vista/Office 2007から壊滅的らしい。たまたま僕は、Windows Vista/Office 2007を使ってなかったのでまだ救われているようだが、実際にはかなり致命的なようだ。しかし、本当に誰か何とかして欲しい!

僕は最近、ブログではメインにMacを使っているが、Macの標準のIME「ことえり」はMS-IME以上に使えないのでATOKは必須。これを機に、ジャストシステムがATOKを値下げしてくれると嬉しい。

■古川 享 ブログ: MS IMEさらに...お馬鹿になっていく
http://furukawablog.spaces.live.com/blog/cns!156823E649BD3714!9079.entry
[PR]
by rtanaka | 2008-05-23 12:57 | column
MS、Windows Server 2008ほか新製品群を発表--IT技術者にラブコール:ニュース - ZDNet Japan
「本日の段階で、Windows Server 2008対応のハードウェアは110機種以上。さらに700人以上の認定技術者がいる。本日の発表はプロダクト(製品)ローンチではなく、インダストリー(業界)ローンチだ」
4月1日にマイクロソフト代表執行役社長に就任した樋口泰行氏は、4月15日に東京都内で開催された「the Microsoft Conference 2008」の場で、多数のパートナー企業の代表と共に、誇らしげに宣言した。

a0041513_1464139.jpg

4/15,16で開催された「the Microsoft Conference 2008」に参加した。今年は、Windows Server 2008、Visual Studio 2008、SQL Server 2008の3製品の出荷と、マイクロソフト株式会社の樋口社長のお披露目が重なりザ・プリンス パークタワー東京で開催された。我々平民が行くことがない東京タワー麓にある高級ホテルを使うなんて、儲かっている会社のやることが違う。

肝心のカンファレンスの内容だが、主要な機能で目新し情報はなかった。このため新技術の紹介と言うより、ちょっとした使い方(Tips)や注意点などの解説が多かったように思う。

僕は、主にWeb関連を聴講した。IIS 7、Visual Studio 2008、ASP.NET 3.5、Expression Blend、Silverrightの話題が中心で、それらを従来型のプログラム開発者を中心に訴求しようとしていた。主要なポイントは以下の通り。

・ASP.NETではAjaxの取り入れながらSilverrightで更にリッチなユーザーエクスペリエンスを実現できること。(従来のウェブコントロールにAjax機能を容易に追加できる)

・Visual StudioとExpression Blendでプログラマとデザイナの分業が可能なこと。(ソースを一丸管理しながら双方の開発ツールでデザインやSilverrightを開発できる)

・IIS 7で柔軟なサイト構築が可能なこと。(ActiveDirectoryとの連携が密になった。またApacheのmoduleと同等の拡張機能が追加された)

JavaやApacheなどの良いところを取り入れながら、開発から運用までMicrosoft流の高度に連携した手法が取り入れられている。個人的にはあまり使ってみたいとは思わないが、Microsoftの取り組みを知る上では貴重な情報だった。

それ以外で興味深かったのは、アプリケーション仮想化の「SoftGrid」。既に2006年に発表されていたが、迂闊にも僕は知らなかった。アプリケーションをサーバ側で集中管理できるこの技術は、エンタープライズ分野のアプリケーション配布および管理に大きく貢献するかもしれない。

全体的に内容が薄かったように感じたが、各製品ともベータ版の期間が長く、情報も小出しにされてきたので当然かもしれない。良い意味では情報公開が進んだと思われる。いつもながら多くの関係者を集め大盛況で、Microsoftらしいカンファレンスだった。今後、実際に各製品がどのような速度で普及するかが課題になるだろう。
[PR]
by rtanaka | 2008-04-17 12:58 | news
「Windows XP SP3」提供開始は4月下旬までに--流出スケジュールから明らかに:ニュース - CNET Japan
Windows XPにとって最後となる予定の3番目のサービスパックが4月末までにリリースされる可能性があるという。流失したMicrosoftのスケジュールから明らかになった。

これまで様々な憶測が飛び交う中、ようやく具体的なスケジュールが決まったようだ。ユーザーの期待はWindows Vista SP1よりこのWindows XP SP3にあっただけに大いに待たれる。さて、この報道通り今月中に公開されるのだろうか。
[PR]
by rtanaka | 2008-04-17 12:22 | news
CNN.co.jp:Windows XPの「助命」嘆願サイトに署名10万人超
ワシントン州シアトル(AP) 米ソフトウエア大手マイクロソフトが6年前に発売したオペレーティング・システム(OS、基本ソフト)「Windows XP」の販売打ち切りを決めたことについて、ユーザーがネットで署名を募るなどの反対運動を展開している。

いかにも米国らしい。でも、こんなに人気があるMicrosoft製品って今までなかったんじゃないのかな。ついでに、「Save Office 2003」ってのもやって欲しいな。
[PR]
by rtanaka | 2008-04-16 12:25 | news
ウィルコム、Vista搭載の新モバイル端末「Ultra Mobile WILLCOM D4」を発表:モバイルチャンネル - CNET Japan
ウィルコムは4月14日、マイクロソフトのOS「Vista」とインテルの新しいモバイル端末向けCPU「Centrino Atom」を搭載した新しい端末「Ultra Mobile WILLCOM D4」を発表した。ノートパソコンと同等の性能を持ちながら、大きさは新書本と同じ程度、重さは470gと軽量な点を売りにする。6月中旬に発売する予定だ。

文字通り"PCを手のひらサイズ"にした意欲的な新製品。Windows Vista搭載でOffice Personal 2007(Word, Excel, PowerPointなど)まで動作する。ちょっと前まで考えられなかったが、Intel Atomだけでなく様々なデバイスの小型化や無線LANの普及などが集積されている。

でも、個人的にわくわくしない何故だろう。(Windowsか・・・(ぼそ))
[PR]
by rtanaka | 2008-04-14 12:46 | products
Windows用マルチデスクトップ環境「VirtuaWin 4.0」 - ライバルはSpaces? | パソコン | マイコミジャーナル
VirtuaWin開発チームは、Windows用マルチデスクトップ環境ソフトの最新版「VirtuaWin 4.0」をリリースした。対象システムはWindows 9x / ME / NT / Win2K / XP / Server 2003 / Vista、バイナリパッケージは通常版とUnicode対応版の2種類。ソースコードはGNU GPLv2のもと、オープンソースソフトウェアとして公開される。

最近、Mac OS XのSpacesが便利に思っていたところだ。仮想デスクトップソフトは、古くはWindows 3.0の頃からあり、LinuxのGnomeやKDEでも標準的な機能になっている。目新しくない機能を使いやすくしたのが、Msc OS XのSpacesだ。特に、起動するアプリケーションを特定の仮想デスクトップに割り付けられるのがいい。このVirtuaWinでも、こうしたよさを積極的に取り入れているようなので一度使ってみたい。
[PR]
by rtanaka | 2008-03-17 12:42 | products
マイクロソフト、IE8で方針転換--ウェブ標準準拠モードをデフォルトに:ニュース - CNET Japan
相互運用性を確保するという約束が本物であることをアピールするかのように、Microsoftは米国時間3月3日、次期Internet Explorer(IE)のウェブ標準技術への対応を強化すべく、計画を転換すると述べた。

数々の批判を仰ぎ、マイクロソフトがIE8のデフォルトを標準実装に変更した。これは大変喜ぶべきことである。リリースはまだ先だが、ウェブの標準化が進むことを期待したい。
[PR]
by rtanaka | 2008-03-04 12:59 | news