IT関連の話題をピックアップしてコメント中!
by rtanaka
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
検索
リンク
最新のトラックバック
『近未来テレビ会議』で「..
from idea*idea
アースデイ 大阪
from アスファルト
『広告批評』の批評
from muse-9
SEOとスパムの狭間で・・
from WebGrove
「GPhone」でVer..
from トピックスバーストβ2.0
世界長者番付、ビル・ゲイ..
from スーパーサイヤ人
モバイルGmail Go..
from ブログで情報収集!Blog-..
Vista、発売開始から..
from IT最新ニュース
【再販権付き・特典40本..
from 情報販売のインフォカート・・..
人気観光地
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:Virtual Machine ( 8 ) タグの人気記事
サン、Xenベースの仮想化技術を「xVM」と命名:ニュース - CNET Japan
Sun Microsystemsは、長らくオープンソースの「Xen Hypervisor」プロジェクトに参加してきたが、Solarisベースの姉妹製品に、“x86 Virtual Machine”を短縮した「xVM」という正式名称を付した。

先日は、Microsoftと提携してWindows Server 2003をバンドル販売するなど、サンは最近x86アーキテクチャに傾倒しているように見える。勿論、Soralisを捨てたわけではなく、この「xVM」を生かしたソリューションビジネスを広めるためだ。今後、サンがどんな展開を見せるかちょっと興味深い。
[PR]
by rtanaka | 2007-09-14 12:45 | news
USBメモリから起動するVMware ESX Server 3i-実際に起動してみました
「あ、起動した!」。VMworld 2007では発表されたばかりの「VMware ESX Server 3i」のベータ版を納めた1GBのUSBメモリが参加者に配布された。そのUSBメモリを記事執筆用のノートPCに差して電源を入れたときの発言が冒頭の言葉だ。

最近、USBメモリに機能を詰め込んだ一種のパッケージ製品がフリー、商用問わず数多く出ている。USBメモリで持ち運べるブラウザ+メーラ、OpneOffice.org、Linux、そして今回の仮想OSなど。どれも面白そうで実用的な製品で、是非使いたいと思っている。

いずれも専用のPCを用意することなく気軽に使える点と、自分の環境を持ち運べるのが大きな利点で、SaaSとは違ってインターネットに接続されていなくても使えるのがいい。将来は、SaaSとUSBメモリ双方の欠点を補い合い、時間と場所に囚われない使い方ができるようになることを期待している。

クラムワークス、Linux搭載のUSBフラッシュメモリを発売 | パソコン | マイコミジャーナル
[PR]
by rtanaka | 2007-09-13 12:58 | technology
ITmedia エンタープライズ:Citrix、XenSourceを買収――仮想化市場へ参入
買収により、Citrixはアクセスインフラ事業を強化するとともに、サーバ/デスクトップ仮想化市場へと事業範囲を拡大する。

ターミナルサービス市場を牽引するCitrixが、仮想化市場へ参集することになる。これまでもVMwareとの組み合わせで、NECなどのベンダーが"仮想化デスクトップ"を提案してきたが、XenSource買収でCitrix自身が仮想化ソフトを提供するのだろうか。また、もしかするとLinux版のターミナルサービスなんかも出てくるかもしれない。
[PR]
by rtanaka | 2007-08-16 13:02 | news
Mac向け仮想化ソフト「VMware Fusion」製品版リリース - @IT
米ヴイエムウェアは8月6日(現地時間)、インテルCPUベースのMacintosh向けの仮想化ソフトウェア「VMware Fusion」の提供を開始した。ヴイエムウェアのWebサイトやアップルストアでオンライン販売するほか、米国小売店での販売も行う。価格は79.99ドル(約9440円)。Mac OS Xのバージョン10.4.9以降で利用可能。Core 2 DuoもしくはXeonの場合は、64ビット版のWindows Server 2003、Windows XP/VistaやLinux、Solaris、FreeBSDも利用できる。また、USB2.0対応のデバイスも利用できる。

ようやく正式な製品版がリリースされた。先日、VMwareのカンファレンスでも展示されていたので、既に目新しさはなくなってきたが製品版は大きなマイルストーンになる。先行する製品との大きな違いは、Windows/Linux版VMware用イメージファイルが使えること。

また、ゲストOSがWindowsの場合、単体ウィンドウに対応しているので、Windowsのアプリケーションだけで使うことも出来る。(勿論、裏ではOSごと動いているけど)

最近ひそかにMacユーザになろうと思っているのでうってつけの製品かな。
[PR]
by rtanaka | 2007-08-07 12:53 | products
TechTargetジャパン:ヴイエムウェア製品の次なる進化の方向
ヴイエムウェアの仮想化プラットフォームが今後どのように強化されていくかを同社の製品マーケティング担当ディレクターにインタビューした。

もはやビジネスのキーアイテムの一つとなった仮想化技術の雄「VMware」を有するヴイエムウェア社。その製品マーケティング担当ディレクターが「CPU、メモリ、およびI/Oの仮想化のおかげで、3年後には、パフォーマンスのオーバーヘッドは解消され、仮想環境とネイティブ環境が同等に動作するようになります。」と語っているが、本当にそうなれば凄い。3年後が楽しみだ。
[PR]
by rtanaka | 2007-05-24 12:52 | news
窓の杜 - 【NEWS】「VMware Player」用の仮想PCを作成できるフリーソフト「VMX-Editor」β版
仮想PCの作成から実行までを、フリーソフトだけで行うことが可能に
 「VMware」シリーズ用の仮想PCを作成できる「VMX-Editor」β版が、3月28日に公開された。Windowsに対応するフリーソフトで、編集部にてWindows XPで動作確認した。現在作者のホームページからダウンロードできる。

「VMware Player」は、無償で使える仮想PCの実行環境として非常に便利だが、仮想PCのインストールなどは面倒だった。これは、製品版との差別化のため必要なのだろうけど、何とかならないかなと思っていたら、なんとかした人がいました。

ベータ版だが、作者いわく「永遠のベータ版」なので正式リリースと同じと思ってよさそうだ。ただし、まだ荒削りで一部の機能は動作せず、アイコンなどが規定値のままなので、気長に付き合った方がよさそうだ。
[PR]
by rtanaka | 2007-04-19 12:34 | products
リモートから利用可能なサーバー向け仮想化ソフトウエア:ITpro
「VMware Server」は,ホストOS型のサーバー向け仮想化ソフトウエアである。従来の「VMware GSX Server」の後継製品に当たる。VMware Serverに名称を変更して無償化しただけではなく,機能も大幅に強化した。

「フリーのVMware Serverによる仮想マシン運用入門」として連載記事が始まった。今後参考になりそうだ。
[PR]
by rtanaka | 2006-10-30 12:53 | products
「24/365のフルオートメーションを」- HPが目指す「完全なる」仮想化・自動化環境 (MYCOMジャーナル)
米Hewlett Packardのx86サーバおよびブレードサーバ事業担当シニア・バイス・プレジデントであるJames Mouton氏が来日し、17日、同社の両事業に関する今後の戦略説明会を東京全日空ホテルにて行った。

最近の報道を見れば、HPは仮想化技術にかなり注力しているのが分かる。うまく使えば、H/Wだけでは実現できない障害対策が可能となり、H/Wで二重化するだけより遥かにコストを押さえ、素早く対応できる可能性がある。はたして、仮想化技術はどこまで広まるだろう。
[PR]
by rtanaka | 2006-10-18 12:43 | news