IT関連の話題をピックアップしてコメント中!
by rtanaka
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
検索
リンク
最新のトラックバック
『近未来テレビ会議』で「..
from idea*idea
アースデイ 大阪
from アスファルト
『広告批評』の批評
from muse-9
SEOとスパムの狭間で・・
from WebGrove
「GPhone」でVer..
from トピックスバーストβ2.0
世界長者番付、ビル・ゲイ..
from スーパーサイヤ人
モバイルGmail Go..
from ブログで情報収集!Blog-..
Vista、発売開始から..
from IT最新ニュース
【再販権付き・特典40本..
from 情報販売のインフォカート・・..
人気観光地
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
【詳報】Google Waveとは何なのか? - @IT
米グーグルは5月28日、米国サンフランシスコで開催中のイベント「Google I/O 2009」で、まったく新しいメッセージングおよびコラボレーションのためのプラットフォーム、「Google Wave」を発表した。同日、開発者向け早期プレビューとして公開。限定的にアカウントを発行して、外部の意見を取り入れながら開発を進める。年内にも一般向けサービスを公開し、それに続いてサーバの実装も順次、Apache2.0ライセンスのもとでオープンソースで公開していく予定だという。


技術的には、近年まれに見る面白さと可能性を秘めたプロダクトですね。特に、Cometを中軸にしたリアルタイムコミュニケーションは、メール→IM→Waveとネットコミュニケーションの進化を感じさせます。今後、Waveが技術的にも製品としても、開発者の意図した通り理解されるかが普及の鍵だと思います。
[PR]
by rtanaka | 2009-05-29 15:36 | technology
グーグル、「Google Sync」をiPhoneやWindows Mobileなどに対応--カレンダーと連絡先を同期:モバイルチャンネル - CNET Japan
Appleの「iPhone」を含め携帯電話を使用しているユーザーは米国時間2月9日から、新たな方法でクラウドから同期や情報へアクセスできるようになる。このサービス「Google Sync」は、特定のGoogleアカウントからカレンダーと連絡先の両方を同期できるようにする。変更点は無線で双方向に送られる。

早速、iPod touchで使ってみたが、結論から言うとちょっと期待はずれだった。

まず設定方法だが、Microsoftからライセンスを受けたActiveSyncに対応することで、iPhone/iPod touchからExchange Server接続で利用できるようになった。このため、専用のアプリケーションが不要な点が興味深い。また、こうすることで同時にWindows Mobileにも対応した。

メールと住所録の連携は特に問題ない。(メールは今までもIMAP4で接続できたので、あまり変わった感じはしないが・・・)ただし、カレンダーが問題である。Google Calendarでは複数のカレンダーが定義でき用途に応じて使い分けるが、同期されるのはその内メインのカレンダーだけ。これじゃ使い物にならない。たぶん、ActiveSyncの制限を引きずっているように思う。

仕方ないので、今まで通りMac OS XのiCa経由でGoogle Calendarを取り込むことにした。因みに、この方法だとiPhone/iPod touchから登録は出来ない、iTunesとの同期でしか取り込まれない、カレンダーの色分けが正しく反映されない、といった欠点がある。

カレンダーは使えないし、メールはIMAP4と変わらないので結局、住所録が同期できるようになっただけ。特に、カレンダーの同期に期待してただけに残念。常時繋がっているiPhoneと違ってiPod touchユーザーには同期機能はとても大切。だからもう少し頑張って欲しいな、Googleさん。
[PR]
by rtanaka | 2009-02-11 00:58 | products
「Gmail」に複数の受信トレイを表示する新機能--Labsで公開:ニュース - CNET Japan
Googleは米国時間2月5日、Gmailのデフォルト画面に複数の受信トレイを表示する「Gmail Labs」の新機能を公開した(編集部注:Labsを使用するには現在、Gmailを英語モードで使用する必要がある)。

早速使ってみたが、使い方次第でかなり便利な機能だ。僕は普段、受信トレイをToDoのように使っているので、スグに見る必要ないメールは受信時にフィルターでラベル付け&アーカイブしている。でも、これだと未読分のチェックが面倒だった。

この「マルチ受信トレイ」機能を使うと、未読分のビューを定義("is:unread"とする)しておけば未読のままフィルターで振り分けておいても、簡単に未読分をまとめてチェックできるのでとっても重宝する。

欠点は、画面が広くないと使い難いこと(特に横方向のサイズが小さいとダメ)。このためノートPCでは使い勝手が'悪いので、ビューを受信トレイの右横ではなく下に表示(右横、上、下が選択可能)している。他に、「Vertual Desktop」など仮想デスクトップソフト(Mac OS XのSpacesと全く同じ機能なら最高)を組み合わせると更に便利。
[PR]
by rtanaka | 2009-02-07 01:20 | products
Google Japan Blog: Gmail 迷惑メールフィルタの問題について
昨日の深夜、Google のマルウェアフィルタに問題が発生しました。Gmail の迷惑メールフィルタエンジンもこのフィルタを(その他数百のロジックと共に)ユーザをマルウェアから守るために利用しており、そのために日本時間 1 月 31 日 23:00 から 2 月 1 日 1:00 の間、一部のメールを誤って「迷惑メール」と判定してしまいました。

Googleのトラブルの件、検索だけでなくGmailにも影響があったようだ。調べてみると、Amazonからのメールがスパム扱いになっていた。あまり、報道されていないが、Gmailを使っている人は誤ってスパム扱いされていないか確認しよう。
[PR]
by rtanaka | 2009-02-01 20:58 | news
グーグル検索結果すべて「コンピュータに損害を与える可能性あり」、原因は人為的ミス:ニュース - CNET Japan
Googleの検索結果に1月31日深夜、異変が生じた。すべての検索結果に「このサイトはコンピュータに損害を与える可能性があります」と表示され、目的のサイトにアクセスできなくなっていた。Googleによるとこれは「人為的なミス」なのだという。


この事故に遭遇したが、どう考えても正常じゃなかった。多分すべてのサイトが「/(スラッシュ)」が付いてるんでどこにもアクセスできなかったと思う。こんな大きなミスは、Googleではじめてじゃないのかな。

因みに、この時は「StopBadware.org」にアクセスできなかったが、もしかすると異常に気づいたユーザーからのアクセスが集中していたせいかもしれない。いづれにせよ、チェック機能が働かなかったってことか。影響が大きいだけに、もっと注意して欲しいね。
[PR]
by rtanaka | 2009-02-01 14:11 | news
Firefox用Google Toolbar、最新BetaにChromeの新タブ機能 | パソコン | マイコミジャーナル
米GoogleがFirefox用「Google Toolbar 5」のBeta 2をリリースした。ユーザーがよくアクセスするWebページへのリンクを、新しいタブにサムネイルで一覧表示する機能が追加された。同機能は、GoogleのWebブラウザChromeにも採用されている。


早速バージョンアップした。Google Chromeも併用しているので、この機能の便利さは承知済み。シンプルで分かり易い。普段よく使うサイトが決まっているとブックマークが不要なくらい。オススメ機能だ。
[PR]
by rtanaka | 2009-01-31 17:32 | products
「Gmail」がオフラインで利用可能に--グーグル、新機能の試験運用を開始へ:ニュース - CNET Japan
Googleは、同社ウェブメールサービス「Gmail」の実用性と競争力の大幅な向上を図るため、オフライン状態でもGmailメッセージの読み書き、検索を可能にする新機能の試験運用を開始する(編集部注:Googleは公式ブログで、同社は今後数日かけて、米国と英国の英語ユーザー全員に対しGmailのオフライン機能を利用可能にしていくと述べている)。

Gmailがますます便利に、そして手放せなくなっていく。さらに、Google Calendarもオフラインで使える(参照のみ)ようになるらしい。メールとカレンダーがオフラインでも使えるようになれば、僕のスケジュール管理はほとんど困ることはない。(今でもモバイル版で十分便利に使っているが)

■2009/01/30追記
ようやくオフラインモードが使えるようになったので、早速使ってみた。
FirefoxではGoogle Gearsをインストールしなければならないが、Google ChromeではGearsが標準装備なのでスグに使えて便利。最初の同期には数十分かかるが、それ以降はオンラインのときにバックグラウンドで同期されるので意識する必要がない。

メールはすべてではなく、最大で10,000件までローカルに保存されるそうだ。僕の場合、過去一ヶ月程度がローカルにキャッシュされた。通常はこれで十分。

早速、このノートPCを持って出かけよう...
と思ったら、東京は今日、明日は雨なので後日にします。
[PR]
by rtanaka | 2009-01-28 16:19 | products
Java、Flash、Windowsへのグーグルの回答--「Native Client」:ニュース - CNET Japan
Googleオペレーティングシステム(OS)については何年も前からさまざまに噂され、Googleの社内で広く使われているUbuntu(Linuxの一種)を基礎にしたものではないかとささやかれてきた。しかし、その予想は外れたようだ。米国時間12月8日、同社はオープンソースプロジェクトNative Clientを発表した。

まだよく分からないが、基本的にはAdobe AIRやMicrosoft silverlightのようなものだろう。しかし、Google Gearsとは別物で、名前通りネイティブアプリケーションが動作するようだ。Googleが作るので、JavascriptやPythonを動かすJITエンジンかもしれない。何れにせよ、まだ研究段階だが今後注視すべきプロジェクトだろう。
[PR]
by rtanaka | 2008-12-09 16:31 | products
Gmail、メールと連携するタスク管理機能を追加:ニュース - CNET Japan
Googleは12月9日、Gmailにタスク管理機能「Tasks」を追加した。この機能は設定画面の「Labs」というタブで有効にすることができる。日本語では利用できず、言語をあらかじめ英語に設定しておく必要がある。

Labsながら「ToDoリスト」がようやくリリースされた。この機能は、Outlookなど一般的なメーラーにはよくある機能で、Gmailでも要望が多かったと思う。

導入してみたが、シンプルな機能ながら操作性が秀逸でなかなか使い勝手がよさそうだ。特に、メールをそのままToDoとして登録する機能は気に入った。普段は、Gmailの受信ボックスをToDoとしているので、二重管理ならないよううまく使い分けられると良いかな。

因みに、Gmail Labsは英語(US)でないと使えないとあるが、次のようにすれば日本語でも大丈夫。
・Gmailの設定で「言語」を「English(US)」に変更する
・「Settings」に「Labs」が表示されるので選択する
・「Tasks」(ToDoリスト)をEnableにする
・「言語」を「日本語」に戻す
日本語に戻しても、Labsの機能はそのまま使える点がミソ。日本語はちゃんと通るだけでなくキチンと日本語表示(Tasks→ToDoリスト)になる点も見逃せない。

興味ある人は是非。
[PR]
by rtanaka | 2008-12-09 13:04 | web
MapReduceのJava実装Apache Hadoopを使ってみた (1/3) - @IT
本特集では、いま再注目の分散処理技術についていろいろと紹介してきました。前編の「GoogleのMapReduceアルゴリズムをJavaで理解する」では、分散処理技術で最近注目を浴びているものとして、グーグルのMapReduceアルゴリズムを紹介し、中編の「イロイロな分散処理技術とイマドキのWebサービス」では、MapReduceに至るまでのさまざまな分散処理技術やWebサービスについて紹介しました。
そのMapReduceアルゴリズムをJavaで実装したものがあります。それは、「Apache Hadoop」プロジェクトで開発されていて、すでに実用性があると調査結果も出ているようです(参考:Hadoopは耐障害性に課題があるが実用性十分)。最後の後編では、Apache Hadoop(以下、Hadoop)を使ったプログラムの作成方法を解説し、Hadoop用のEclipseプラグインも紹介します。

まだ読みかけだが、書籍『Googleを支える技術 巨大システムの内側の世界』でも紹介されているGoogleのMapReduceそしてGFSとGigTable。クラウド・コンピューティングを支える、従来とはちょっと発想が違った負荷分散手法は、今後大きなポイントとなるだろう。しかし、そのような大規模なインフラを持てる企業は限られると思う。

そんな気持ちを払拭してくれるのが、MapReduceをJavaで実装されたオープンソースの「Apache Hadoop」プロジェクトだ。この記事でその存在をはじめて知ったが、こうしたソフトウェアを気軽に使えるなら、仮想化技術と組み合わせることで数十台規模ならベンチャー企業でもGoogleやAmazonに負けないクラウドを自前で構築できる気になる。

ヤフー、Facebook、IBMなどで採用例が出てきたほか、PFIとNTTレゾナントにより技術調査、評価が行われ、「Hadoopは耐障害性に課題があるが実用性十分」との結果も得られている。

まだ敷居が高く感じられるクラウドだが、こうした取り組みにより身近に感じられるようになるに違いない。今後も注目したいプロジェクトだ。

■Hadoop
http://hadoop.apache.org/

Googleを支える技術 ‾巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)Googleを支える技術 ‾巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)西田 圭介

技術評論社 2008-03-28
売り上げランキング : 497

おすすめ平均 star
star「Google誕生」との併読がおすすめ
star大変わかりやすい
star既存の枠に捉われていてはGoogleを超えられない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by rtanaka | 2008-09-30 12:31 | technology