IT関連の話題をピックアップしてコメント中!
by rtanaka
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
リンク
最新のトラックバック
『近未来テレビ会議』で「..
from idea*idea
アースデイ 大阪
from アスファルト
『広告批評』の批評
from muse-9
SEOとスパムの狭間で・・
from WebGrove
「GPhone」でVer..
from トピックスバーストβ2.0
世界長者番付、ビル・ゲイ..
from スーパーサイヤ人
モバイルGmail Go..
from ブログで情報収集!Blog-..
Vista、発売開始から..
from IT最新ニュース
【再販権付き・特典40本..
from 情報販売のインフォカート・・..
人気観光地
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
MapReduceのJava実装Apache Hadoopを使ってみた (1/3) - @IT
本特集では、いま再注目の分散処理技術についていろいろと紹介してきました。前編の「GoogleのMapReduceアルゴリズムをJavaで理解する」では、分散処理技術で最近注目を浴びているものとして、グーグルのMapReduceアルゴリズムを紹介し、中編の「イロイロな分散処理技術とイマドキのWebサービス」では、MapReduceに至るまでのさまざまな分散処理技術やWebサービスについて紹介しました。
そのMapReduceアルゴリズムをJavaで実装したものがあります。それは、「Apache Hadoop」プロジェクトで開発されていて、すでに実用性があると調査結果も出ているようです(参考:Hadoopは耐障害性に課題があるが実用性十分)。最後の後編では、Apache Hadoop(以下、Hadoop)を使ったプログラムの作成方法を解説し、Hadoop用のEclipseプラグインも紹介します。

まだ読みかけだが、書籍『Googleを支える技術 巨大システムの内側の世界』でも紹介されているGoogleのMapReduceそしてGFSとGigTable。クラウド・コンピューティングを支える、従来とはちょっと発想が違った負荷分散手法は、今後大きなポイントとなるだろう。しかし、そのような大規模なインフラを持てる企業は限られると思う。

そんな気持ちを払拭してくれるのが、MapReduceをJavaで実装されたオープンソースの「Apache Hadoop」プロジェクトだ。この記事でその存在をはじめて知ったが、こうしたソフトウェアを気軽に使えるなら、仮想化技術と組み合わせることで数十台規模ならベンチャー企業でもGoogleやAmazonに負けないクラウドを自前で構築できる気になる。

ヤフー、Facebook、IBMなどで採用例が出てきたほか、PFIとNTTレゾナントにより技術調査、評価が行われ、「Hadoopは耐障害性に課題があるが実用性十分」との結果も得られている。

まだ敷居が高く感じられるクラウドだが、こうした取り組みにより身近に感じられるようになるに違いない。今後も注目したいプロジェクトだ。

■Hadoop
http://hadoop.apache.org/

Googleを支える技術 ‾巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)Googleを支える技術 ‾巨大システムの内側の世界 (WEB+DB PRESSプラスシリーズ)西田 圭介

技術評論社 2008-03-28
売り上げランキング : 497

おすすめ平均 star
star「Google誕生」との併読がおすすめ
star大変わかりやすい
star既存の枠に捉われていてはGoogleを超えられない

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
[PR]
by rtanaka | 2008-09-30 12:31 | technology
Android搭載の携帯電話「T-Mobile G1」が正式発表--「Android Market」もオープン:モバイルチャンネル - CNET Japan
T-MobileおよびGoogleは、Googleの新OS「Android」を搭載する初の携帯電話を、正式に発表した。「T-Mobile G1」という正式名称の携帯電話には、フルサイズのタッチスクリーン機能、QWERTY配列のキーボード、片手でナビゲーション可能なトラックボールが装備されており、Google Maps Street View、Gmail、YouTubeなどのモバイルウェブアプリケーションへとアクセスできるようになっている。

製品の完成度はiPhoneの方が上だけど、ガジェットとしての面白さはこっちの方が高いかも。特に、Googleユーザー(Gmail、カレンダーなど)にはかなり魅力的。機会があれば、一度使ってみたいな。
[PR]
by rtanaka | 2008-09-24 15:23 | products
ワイヤレスメモリーカード「Eye-Fi」、年内にも国内発売:ニュース - CNET Japan
デジカメ向けワイヤレスメモリーカード「Eye-Fi」が、2008年内にも日本で販売されることがわかった。米国Eye-Fiが9月22日付けのブログエントリー「Eye-Fi Plans International Expansion」で世界戦略を語っている。

前から目をつけてた製品、これは買い。
でも、今使ってるソニーのデジカメ(メモリースティック)では使えないのが難点。仕方ないか。
[PR]
by rtanaka | 2008-09-24 15:17 | products
「Diet Coke & Mentos」の2人、付箋紙を使った新しい実験ビデオをリリース:ニュース - CNET Japan
同僚の記者Greg SandovalがCNET Newsで7月に報じたとおり、MentosとDiet Cokeを混ぜるビデオで世界的に有名になったEepyBirdの2人が、大ヒットした大噴出実験の次のビデオを作成した。

a0041513_14451633.gif

付箋紙を使ったパフォーマンスビデオ。完成度が高く、あまりの面白さに脱帽。
とにかく一度ご覧あれ。

■EepyBird's Sticky Note experiment
http://vimeo.com/1700732
[PR]
by rtanaka | 2008-09-14 12:49 | column
ライブドア、サーバ監視サービス「DATAHOTELパトロール」を無償提供:ニュース - CNET Japan
ライブドアは9月8日、ショッピングサイトやコンテンツサイトを運営する企業や個人を対象に、サーバの死活状態を自動的にメールで通知するサービス「DATAHOTELパトロール」の無償提供を開始した。

a0041513_1022547.gif

外部(ライブドア)のネットワークから、自分の管理するサーバーで動作するネットワークの監視を行うサービス。死活監視ツールは何度か自作したことがあるが、基本的な動作は難しくないけどサーバーに余計な負荷をかけずに、適切な判定をするようのは難しい場合もある。また、監視サーバー自身の監視をどうするかなど、運用上の難しさもある。

このサービスはライブドアが持つサーバーで運用されるので、余計なことを考えないですむ点が便利だ。機能的にも、主要なプロトコル(ICMP、TCP、UDP、URL(http)、SMTPなど)とポート監視ができ、監視間隔も最低5分から設定できるので、小規模なウェブサービス(特に機会損失が大きいEC系)では有用なサービスと言えるだろう。

ライブドアとしては、このサービスの利用者を見込み客として、自社のホスティングサービスなどに誘導することでビジネスに結び付けたいようだ。しかし、こうしたサービスまで無償提供される時代になるとは思わなかった。
[PR]
by rtanaka | 2008-09-09 12:15 | web
「Google Chrome」の機能を写真でチェック:ニュース - CNET Japan
Googleがウェブブラウザ「Google Chrome」を公開した。URLの直接入力やウェブ検索が可能なアドレスバーや、独立して動作するタブ、デスクトップショートカットからウェブアプリケーションを起動できる機能などを備えている。

a0041513_1715442.jpg

早速、ダウンロードして使ってみたので第一印象を少々。

まず、セットアップは余計な画面や「次へ」ボタンなどなくいたって簡単。既存のブラウザ(IEまたはFirefox)から各種設定がインポートされる。ただし、僕の環境(Windows XP Professional(SP3)、IE7、Firefox3(規定のブラウザ))では、何故かFirefoxは選択されずIEからしか設定をインポートできなかった。

インストールが終わるとデフォルトのホームページが表示される。履歴から「よくアクセスするページ」がスナップショットと一緒に表示される。これは、IE7の機能に良く似ているが、履歴から表示されるところが全く違う。また、Googleの検索と「最近追加したブックマーク」もあるので簡易的なマイページとして重宝する。他のブラウザが味気ない真っ白なページなどを出すのとは大違いだ。なお、「ブックマークバー」をいつも表示しない場合でも、このホームページには表示されるのがとても気に入った。

噂のスピードは確かに速い。DNSのプリフェッチなどにより静的ページも速いが、なんと言ってもGmailのようなJacaScriptを多用したページの動作が快適。Java VMのエンジニアだったラーズ・パーク氏らにより開発された、JavaScriptエンジン「V8」(V型8気筒エンジンに由来)が搭載されているからだ。「V8」は単なるJavaScriptのインタープリタではなく、JVMのようにネイティブコードに変換して実行しているらしい。Firefoxでも次版の3.1でAdobeから提供されたエンジン「TraceMonkey」が搭載予定だが、一歩先に対応した格好だ。今後、ブラウザ開発ではこの傾向は続き、IEなどでも対応されることだろう。

改めて画面構成を見ると、タイトルバーは最小限でその次にタブがあり、メニューバーはなく最小限のボタンとアドレスバーが配置されている。表示領域が最大限に取られとてもシンプルな構成だ。よく見ると、「ホーム」ボタンがない。確かに起動したとき以外、ホームに戻ることはないので理にかなっている。またメニューバーも目立たないデザインで、ウェブページだけに集中できるようになっている。

アドレスバーはFirefox3と同じように検索ウィンドウの機能も果たしている。アドレスバーに表示されるURLは、ドメイン以外が淡い色で表示され、ドメインだけがよく目立つようになっている。これはIE8で搭載される機能の先取りだ。

その下には「ブックマークバー」があって、良く使うサイトに効率よくアクセスできる。「ブックマークバー」の右端には「その他のブックマーク...」があり、これで他のブックマークへアクセスする。余計なブックマーク管理用のウィンドウはない。一番下にはSafariなどと同じようにステータスバーがない。コレだけで表示領域が1行分大きくなるのは嬉しい。しかも、ウェブページ内のリンク上にカーソルを置くと、リンク先がちゃんと表示されるのが嬉しい。

このように、画面上から余計な機能やスペースを徹底的に省いて、ウェブページだけに集中できるよう作られている。

ウェブサイト表示中に「アプリケーションのショートカットを作成...」を選ぶと、デスクトップにスタンドアローンのアプリケーションのようなショートカットが作成される。このショートカットを起動すると、指定されたウェブページが表示されるが、このときタブやアドレスバー、ツールバーなどが一切ない独立したウィンドウで起動して、あたかもスタンドアローンアプリケーションのような使い勝手を実現している。なお、サイト外へのリンクをがあると別ウィンドウでChromeが起動される。Mozilla Prismと同じコンセプトを先取りしている。

JavaScriptのデバッグ機能も標準で、HTMLやCSSの属性をダイナミックに変更することもできる。更に、SafariのようにHTMLや画像ファイルなど各リソースごとの取得・表示時間もグラフ表示される。Firebugのほどではないが、通常はこれで十分だ。

各タブは独立したプロセスで動作しているので、クラッシュした場合でも他のタブへ影響しないことになっている。また、マルチプロセッサに最適化されているので、タブごとにCPUが割り当てられ最大限にCPUを活用する設計となっている。Chrome内の「タスクマネージャ」でCPUの割り当て状況が確認できる。

その他、独自のセキュリティ対策、履歴を残さない「シークレット モード」、期間指定の「閲覧履歴削除」など、「僕のブラウザもこうなっていれば良かった」と思える機能がうまく統合されている。一つ一つの機能は、他のブラウザと同じコンセプトだったり、既に実装されていたりするものが多いが、逆に最近はほとんど使われない機能をばっさり削除することで、全体をうまく構成した使いやすいブラウザになっている。

以上、全体的な印象は、期待以上に良くできているとても使いやすいブラウザだと思った。ベータ版とあって、ちょと使っただけでも数回落ちたが、安定してくればデフォルトブラウザとして使っても良いくらいだ。完成版のリリースが待ち遠しくなった。
[PR]
by rtanaka | 2008-09-03 14:27 | products
グーグル、オープンソースのウェブブラウザ「Google Chrome」をまもなく公開へ:ニュース - CNET Japan
長くうわさされてきた、Googleのオープンソースブラウザプロジェクトとして、「Google Chrome」の存在を示す、あるオンライン「コミックブック」が米国時間9月1日に登場した。漫画家のScott McCloud氏の手になるイラストは、Googleが正式に発表したものではないものの、19名のGoogle開発者のような登場人物と、その発言が含まれている。


今なぜこの時期にGoogleがブラウザを出すのか、正直よく理由は分からない。本日公開された各ニュースサイトの記事から、Googleの狙いを考えてみよう。

ブラウザのレンダリングエンジンにはAppleの「Safari」ブラウザや、Googleの「Android」ソフトウェアで使われているオープンソースの「Webkit」が使われている。Javascriptの仮想マシン「V8」も採用され、ウェブアプリケーションが高速に動作するようになっている。更に、Gearsにも対応しているので、Gears対応のウェブアプリケーションをスタンドアローンで動かすことができる。

各タブは独立したレンダリングエンジンで、一つのタブがクラッシュしても他のタブに影響が出ないようになっている他、実行中にタブから切り離して別ウィンドウで動作させられるらしい。ユーザーインターフェイスも余計なメニューバーやツールバーがなくシンプルで、表示領域が最大限に採られている。タブを一番上に持ってきたのも面白い。

このようにGoogle Chromeは、ウェブページを表示するというより、明らかにウェブアプリケーションを動かすためのブラウザといった印象で、いかにもGoogleが作りそうなブラウザだ。ブラウザの種類が増えるって事は喜ばしくないが、面白い製品であることは否定できない。

ただし、サービス事業者のGoogleがウェブブラウザを作ることで懸念がないわけではない。GoogleがChromeに依存するアプリケーションを作るとは思えないが、Chromeに最適化されたアプリケーションを作る可能性はある。もし、そうなればMicrosoftと同じようなことになってします。勿論、そうならないことを信じて祈ろう。

ところで良く考えると、この製品ってMozilla Prismと同じコンセプトじゃないのかな。本当は、両社が協力して良い製品を出してもらった方がユーザーとしては嬉しいんだけどな。

■Google Chrome, Google’s Browser Project
http://www.google.com/chrome
※9月2日12:00現在「404 Not Found」
[PR]
by rtanaka | 2008-09-02 12:15 | products
Firefox Hacks:ブラウザの新境地? Ubiquityが変える衝撃のブラウザ体験 (1/2) - ITmedia エンタープライズ
はじめまして、june29と申します。この記事では、先日Mozilla Labsからリリースされ、密かに話題になっているFirefox拡張機能「Ubiquity」を紹介したいと思います。
Ubiquityが提供する機能を解説する前に、百聞は一見にしかずということで、まずは紹介ビデオを見てみましょう。


Firefox拡張機能「Ubiquity」、最初はクライアント側のマッシュアップツールってことで見くびっていたけど結構面白そう。
[PR]
by rtanaka | 2008-09-01 12:26 | products