IT関連の話題をピックアップしてコメント中!
by rtanaka
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
タグ
カテゴリ
検索
リンク
最新のトラックバック
『近未来テレビ会議』で「..
from idea*idea
アースデイ 大阪
from アスファルト
『広告批評』の批評
from muse-9
SEOとスパムの狭間で・・
from WebGrove
「GPhone」でVer..
from トピックスバーストβ2.0
世界長者番付、ビル・ゲイ..
from スーパーサイヤ人
モバイルGmail Go..
from ブログで情報収集!Blog-..
Vista、発売開始から..
from IT最新ニュース
【再販権付き・特典40本..
from 情報販売のインフォカート・・..
人気観光地
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧
Netscapeの灯が消える - 開発/サポートは2008年2月1日まで | パソコン | マイコミジャーナル
AOL傘下のNetscape Communicationsが、Webブラウザ「Netscape Navigator」の開発とサポートを2008年2月1日に終了する。Netscape Navigator開発チームが28日(米国時間)、公式ブログ「Netscape Blog」上で明らかにしたもの。

ついにこの日が来てしまった。インターネットの黎明期を支えたNetscapeが本当になくなってしまう。思えばベータバージョンを使ったり製品版が出たときは無償版ではなく購入して使っていた。その後、Microsoftが参戦してから熾烈なブラウザ競争はまだ記憶に新しい。製品としてのNetscapeは5年前に終わっていたかもしれないが、こうして製品サポート停止のニュースが流れると感慨深いものがあるな。
[PR]
by rtanaka | 2007-12-31 12:50 | news
まとめサイト2.0:2008年、Webは文字列解析で変わっていく (1/8) - ITmedia エンタープライズ
オルタナティブ・ブログを例に挙げて“まとめサイト”を作るための手法を紹介してきたこの連載。最終回は、文字列解析の自動化からキーワードを抽出するための方法を紹介しよう。

来年は、こうしたテクを駆使したいね。
[PR]
by rtanaka | 2007-12-28 12:15 | technology
OpenIDを使ってみた - @IT
これまで@ITでは何度かOpenIDについて取り上げてきました。解説記事を始め、はてなやlivedoorなど日本の大手サイトがOpenIDを採用したというニュースもお伝えしてきました。国内外で、そろそろ実際にOpenIDを使えるサービスがそろってきたので、ここでは実際に使ってみて、使用感をレポートしてみたいと思います。

OpenIDの使用レポートだが、
この原稿を書く1時間前までは、実はOpenIDのレポートを書くつもりはありませんでした。とある韓国のWeb 2.0系サービスを使っていて、その結果としてOpenIDの便利さを実感して書かずにいられなくなった、というのが正直なところです。
とあるように、便利さを実感したきっかけのレポートだけに熱がこもっていて説得力がある。OpenIDに対応したサービスはまだ少ないが、これはやはり使ってみなければなるまい。
[PR]
by rtanaka | 2007-12-27 12:21 | column
SEの生活が分かるすごろく登場 - ITmedia エンタープライズ
日立システムアンドサービスは12月17日、SEの仕事を疑似体験できる「SE出世双六(すごろく)」を発表した。
同製品は、プロジェクトマネジメント論を学ぶ「PM格言かるた」、情報セキュリティをテーマにした「セキュリティかるた」に続くシリーズ製品。SEという職業に対する学生の理解を向上させ、技術者の確保や育成につなげることを目的とする。

シャレでやってみたい気がするが、実際にやったらちょっと引くかも・・・
[PR]
by rtanaka | 2007-12-25 12:46 | products
Googleは「Webのネイティブスピーカー」――Googleに転職した元MS幹部 - ITmedia エンタープライズ
「MicrosoftはWeb開発を理解していないのではないか」という指摘に対しては、ガンドトラ氏は異議を唱える。同氏によると、Webのネイティブスピーカーの企業もあれば、強いアクセントでWeb語を話す企業もあるという。

なるほど、うまい表現だなぁ。確かに、MicrosoftのWebサイトやASP.NETのアーキテクチャなどを見ていると、技術や取り組みが全くおかしいとは思わない。むしろ、強引だがよくここまで作り込むなと思えてしまうことがある。そういう意味では、MicrosoftはWebを自分なりに理解しているに違いない。

むしろ、企業文化がWebになれないのだろう。僕も、仕事でWebをやる際にC/S中心できた人との温度差が大きくて戸惑うことがよくある。

C/S中心の人は、Web屋が言う一般的なWebの作法ではユーザビリティが悪い感じることが多く、「これはWebではやっちゃいけないんじゃないの?」って思うことまで力ずくでやってしまう(またはプログラマに無無理を言う)。

一方、Web屋は標準に沿ったユーザーインターフェイスこそ、他のサイトも扱うユーザーが迷うことなく使える望ましいユーザーインターフェイスと信じている。

勿論、様なOSやブラウザにも依存することなく使えることができるような配慮も忘れない。できれば、モバイルでの使えるようにしたいと持っているだろう。

どちらが本当にユーザーにとって望ましいのだろうか。

ここで注意したいのが、インターネットで公開されているサービスと特定の企業内で閉じたサービスとの違いだ。前者はWeb屋の考えがベストに違いないが後者はある程度の方言を許している。もしろ、方言だらけといってもいいほど。

しかも、Webよりも企業内の独自のシステムを長く使っている人の方が多い。その独自システムこそMicrosoftのプロダクトを使ったシステムであり、それ以上の方言に満ちている。そうしたシステムのWeb化は難題だ。

最終的にはユーザーが判断することかもしれあにけど、個人的にはWebネイティブが理想的だ。
[PR]
by rtanaka | 2007-12-21 12:51 | column
【連載】セカイ系ウェブツール考 (3) ブログをもっと活用したい! - 便利なエディタからCMSまで | ネット | マイコミジャーナル
今回のテーマは「ブログ」
日本でも数多くの人が書いているブログ。2007年4月の調査によると、世界中のブログのうち、日本語のブログがもっとも多いらしい。そんなブログであるが、日本ではまだまだ日記というイメージが強い。もちろん日記としての使い方もよいのだが、ブログをCMS(Content Management System)として幅広く活用する動きも出てきている。今回は「ブログ」をキーワードにWebアプリ、ソフトウェアを紹介していきたい。

ブログ用のツールサイトの紹介というよりも、ブログをCMSとしてもっと柔軟に使いこなすためのヒントが紹介されているようだ。どれもシンプルながらかゆいところに手が届くようなアイデアが生かされていて興味深かった。

■『WriteToMyBlog』 オンラインブログエディタ
http://writetomyblog.com/
■『Tumblr』 シンプルなブログサービス
http://www.tumblr.com/
■『bbPress』 「WordPress」をフォーラム化
http://writer.zoho.com/public/help/zohoplugin/fullpage
■『MovableType OpenSource』 オープンソース版「MovableType」
https://www.docsyncer.com/
[PR]
by rtanaka | 2007-12-19 12:48 | web
Google Chart APIと同じ機能をJavaで、速攻でEastwood登場 | エンタープライズ | マイコミジャーナル
既報のとおり6日(米国時間)、Googleからチャート作成するための新しいWebサービス「Google Chart API」が公開された。特定のURLを指定すればその指定にしたがって生成されたチャートがPNGイメージとして取得できるというもので、きわめて簡単にチャートが作成できる点が最大の特徴だ。

[PR]
by rtanaka | 2007-12-19 12:15 | products
勃興期にあるセマンティックウェブ、注目の10アプリケーションの現在:コラム - CNET Japan
2007年10月にサンフランシスコで開催されたイベントWeb 2.0 Summit。そこでのハイライトのひとつは「セマンティックアプリケーション」が一勢力として出現したことだ。

セマンティックウェブといえば、W3Cのチム・バーナーズリー氏が提唱する将来あるべきウェブとして知られているが、最近は「セマンティックアプリケーション」と呼ばれるものがあるらしい。

概念としては、セマンティックウェブと同じだがもっと定義が緩く、最近のWeb2.0やマッシュアップまたはCGMなどを意図したアプリケーション全般を意味するようだ。個人的にも同様のコンセプトのシステムを考えているが、これを「セマンティックアプリケーション」と呼ぶとは知らなかった。

ここで紹介されているアプリケーションはどれも面白く興味深い。しかも、日本ではありそうでまだない(多分)サービスばかりだと思う。そのひとつがfreebaseだ。
a0041513_12354361.jpg

■Freebase
http://www.freebase.com/

freebaseはGoogle Baseと同じような汎用のデータベースサービスで、テキストベースのウェブとは違ってデータベースのように明確に項目が定義されている。しかし、見た目などはむしろWikipediaに似ていて、カテゴリで分類されたコンテンツは共有された情報として公開されている。

また、Ajaxを用いてシンプルながらも機能的なインターフェイスを実現している。何と言っても重要なのは、そのAPIが公開され別のアプリケーションからアクセスできることだ。これによって、登録されている情報がより広く活用することが出来る。

こうしたサービスのビジネスモデルがどうなっているかも、興味があるところだ。
[PR]
by rtanaka | 2007-12-18 12:48 | column
世界規模のSNS「Friendster」が日本語サポート - 世界全体で8億人カバー | ネット | マイコミジャーナル
全世界で5,600万人以上の登録ユーザーを抱えるSNS「Friendster」は11日、日本語をサポートすると発表した。これまでの使用可能言語、英語、スペイン語、韓国語、中国語(簡体字/繁体字)に日本語が加わったことで、全世界で12億人といわれるインターネットユーザーの66%、約8億人をカバーすることになるという。

友達がいないのでSNSは使ったことがないが、ためしにアカウントを登録してみた。でも、やたら広告ばかり表示されるのであまり好きになれそうにないな。

■Friendster
http://www.friendster.com/
[PR]
by rtanaka | 2007-12-12 13:03 | web
Tomcat 6で実現! Ajaxを超える通信技術Comet (1/3) - @IT
今回はTomcatの安全性から少し離れて、Tomcat 6の新機能の利用方法について解説します。Tomcat 6では、いくつかの大きな拡張がありましたが、今回はJ2SE 1.5で実装されたNew I/O API(java.nioパッケージ)を用いたComet(コメット)通信について解説します。

大注目の技術「Comet」がTomcat6でサポートされているらしい。Cometは、Ajaxとは逆にサーバからクライアントにプッシュするHTTP非同期通信技術で、先日本を読んで知ったばかり。

HTTP通信でサーバからキックするなんて、最初は全く理解できなかった。しかし、よく読むと相当トリッキーな仕組みを用いて実現しているらしい。技術的にも面白いが、今まで不可能と思っていたサーバからの非同期通信の可能性に大きな魅力を感じる。

そのCometがTomcatで対応されるのだから、否が応でも普及する可能性が高まっている。特に、Cometサーバはまだデファクトがない上、Cometサーバによって実装が異なるためアプリケーションがCometサーバに依存してしまう。Tomcat6が普及することで実装の標準化が進んで互換性が高まれば、開発者側もCometに取り組みやすくなるに違いない。

今後、Cometを使ってどんな面白いサービスが登場するか非常に楽しみだ。
[PR]
by rtanaka | 2007-12-12 12:59 | technology