IT関連の話題をピックアップしてコメント中!
by rtanaka
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
タグ
カテゴリ
検索
リンク
最新のトラックバック
『近未来テレビ会議』で「..
from idea*idea
アースデイ 大阪
from アスファルト
『広告批評』の批評
from muse-9
SEOとスパムの狭間で・・
from WebGrove
「GPhone」でVer..
from トピックスバーストβ2.0
世界長者番付、ビル・ゲイ..
from スーパーサイヤ人
モバイルGmail Go..
from ブログで情報収集!Blog-..
Vista、発売開始から..
from IT最新ニュース
【再販権付き・特典40本..
from 情報販売のインフォカート・・..
人気観光地
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2007年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧
グーグル PageRank下降はペナルティか--検索エンジンを惑わせる有料リンク:スペシャルレポート - CNET Japan
2007年10月末、Googleが特定のウェブサイトのPageRankを一斉に下げたことが話題となった。日本でもニュースサイト「japan.internet.com」や「六本木経済新聞」、IT専門書籍販売サイト「SEShop.com」、地図サービス「Mapion」、「MapFan Web」などのPageRankが顕著に下がっている。

2007年10月末、GoogleのPageRankが変わったことは大きな話題になったが、当時はGoogleからは正式なコメントはなかったように記憶している。僕も、すっかり忘れていたが、この記事はいろいろなことを考えさせられる興味深いものだった。

専門家ではないが、PageRankの持つ意味と重要性は理解できる。また、記事中にある「有料リンクを販売しているサイト」が存在していることも何となく知っている。その結果、有料リンクサイトが大きなノイズとなって、PageRankや検索順位が本来意図する結果と違ってしまうことも分かる。このため、Googleとしてはこのノイズを除去したいのは当然だ。

しかし、「クチコミ促進サービス」の排除は、有意義なユーザレビューと区別が付かない事もあるので少々行き過ぎではないだろうか。特に、ブログのレビューは僕も結構参考にするし、自分でも良いサイトへは小豆にリンクしている。

また、こうした行為が「Google八分」と呼ばれる非難に繋がっていることも事実だ。勿論、Googleとしては公明正大且つ公平に行っているつもりだし、そうすべき社会的義務があると思う。

しかし、「検索エンジンのトップに表示されなければ存在しないのと同じ」、とまで言われるように検索結果の順位やそのベースとなるPageRankは大きなビジネスになってしまった。無償サービスが成立する裏には、巨大なインターネット広告ビジネスで支えられている。これはもう後戻りが出来ない事実だろう。

テレビの視聴率とは異なり、インターネットは誰もが直接参加できるメディアだけに、その評価方法も難しく、それを正しくコントロールすることは出来ない。従って、このPageRankの問題は、永遠に解決することがない命題であるに違いない。
[PR]
by rtanaka | 2007-11-29 12:54 | column
米IBM、企業向け無料検索製品「OmniFind Yahoo! Edition」の機能強化版 | エンタープライズ | マイコミジャーナル
米IBMは11月27日(現地時間)、同社の企業向け無料検索スイート「IBM OmniFind Yahoo! Edition」の新版を発表した。新バージョンではコンテンツごとの検索カタログへの振り分け機能の追加のほか、管理コンソールの強化、Javaで記述されたOSSベースのLuceneを使ったインデックス化などに対応している。またパフォーマンスやインデックス性能の改善に加え、カスタム検索フィールドの追加、Webブラウザサポートの拡大など、より使い勝手の向上に努めている。

バージョンアップしたそうです。
[PR]
by rtanaka | 2007-11-29 12:43 | products
ソニー「FLO:Q」でウィジェット配布 Adobe AIRに対応 - ITmedia News
ソニーは11月27日、ブログパーツ公開サービス「FLO:Q」(フローク)に、デスクトップウィジェットを追加し、β版を公開した。Adobe AIRに対応した専用アプリ「ウィジェットマネージャー」上で管理する仕組みだ。

Blog WidgetとDesktop Widgetをリッチコンテンツで提供する。「Adobe AIR」ってのが新しい。

■FLO:Q(フローク)
http://floq.jp/top
[PR]
by rtanaka | 2007-11-28 12:45 | news
Open Tech Press | 100ドルノートPC:「1台寄付して、1台を入手」キャンペーンを年末まで延長
非営利団体のOLPC(One Laptop per Child)はこのほど、“100ドルノートパソコン”の「Give One Get One」(1台寄付して、1台を入手)キャンペーンの期間を12月31日(米国時間)まで延長すると発表した。予想以上の反響があり、当初の予定より約1カ月延ばすことを決めたという。
a0041513_1345249.jpg

と言うわけで、僕も1台オーダーした。到着が楽しみ!

■Give One. Get One. - OLPC
http://www.laptopgiving.org/en/index.php
[PR]
by rtanaka | 2007-11-27 12:59 | news
Flickrに続くサイトを探せ!クールな写真を探すにはどこがいい?:コラム - CNET Japan
Flickrが画像界隈のコンピュータに詳しいエリートたちが集まる場所だった頃のことを覚えているだろうか。Flickrははじめ、才能ある写真家を抱え込み、ウェブ上で素晴らしいアマチュアやプロの写真を見たい時に行く場所という評判を得た。しかし、Yahoo!が現れて、同社のPhotosサービスのユーザーたちにFlickrへの移行を勧めた。Flickrのサイトは万人に開かれ、誰もが休日の写真を置ける場所になった。その結果、Flickrは退屈で世俗的な場所になってしまっただろうか。今、クールな写真を見つけたい時に見る場所と言えばどこだろうか。

確かにFlickrはつまらない写真が多く成り過ぎてしまった。で、上げられたのが以下のサイトだ。確かにクールな写真ばかりで、見ているだけでも飽きてこない。

■vi.sualize.us
http://vi.sualize.us/
■Pixrat
http://pixrat.ibibo.com/
■FreshPhotograph
http://www.freshphotograph.com/
■FFFFound!
http://ffffound.com/
■Deviant Art Photography
http://browse.deviantart.com/photography/
■PicURLs
http://picurls.com/
[PR]
by rtanaka | 2007-11-27 12:32 | web
グーグルとヤフー、WebメールをSNS化へ - @IT
グーグルまたはヤフーが自社のWebメールユーザーの巨大なネットワークをソーシャルネットワーク化して、ユーザーが個人のプロファイルを表示したり、ほかのユーザーと交流したりできるようにしたら、一夜にしてFacebookやMySpaceの強敵になるだろう。

ベンダー側の思惑は分かるが、ユーザとしてはどうなの?って感じ。ただし、すべてを否定するつもりではなく、Webメールのユーザーインターフェイスを通してSNSを利用できるとしたら効果的かもしれない。何れにせよ、SNSとは背景となる思想や利用のされ方が全く異なるので、単純にはいかないだろう。
[PR]
by rtanaka | 2007-11-26 12:59 | column
まもなく発売1周年の「Windows Vista」、企業の導入進まず:ニュース - CNET Japan
Microsoftの「Windows Vista」が発売されてからほぼ1年になるが、すべてのデスクトップをVistaに移行する予定の企業はわずか13%にすぎないと今週発表されたある調査結果は伝えている。さらに「Linux」の導入も加速しており、特にデスクトップ用途での採用が増えている。

僕もWindows Vistaを導入していない人のひとりだ。理由は特にない、単に使う必要がないからである。Vista登場時から個人的には特に必要性がなく、直ぐに導入するつもりはなかった。でも、仕事柄Vistaの問合せが増えて、いづれ否応なしにインストールするに違いないと思っていたが、まさか1年以上も使わないとは思わなかった。
この間、自宅ではホームサーバとしてMac miniを導入し、仕事でLinuxを使うことはあったがVistaは申し訳程度にしか必要としなかった。今でも、Vistaを導入したいとは思っていない。これまで、Windowsを使ってきて、こんなことは一度もない。Windows 95の頃はベータ版から使っていたし、Windows XPでさえ比較的早くから使って新しいユーザーインターフェイスに慣れるようにしてきた。
しかし、何故かWindows Vistaに限ってそんな気持ちに全くならなかった。確かに、個人的にWindowsに飽きてきたことや、Windows XPで機能的に満足していることもある。Vistaと同時に発売になった、Office 2007のリボンが嫌いって事もある。しかし、この記事を読むと僕だけではなく多くの人がVistaに躊躇しているようだ。

周りの意見でも、「必要性がない」「メモリーなどリソースを多く必要」「3D表示など無意味」などが上げられている。しかし、似たような意見はこれまでもWindowsがメジャーアップデートする度にあったはずだ。にも拘らず、Vistaだけが人気が出ないのは何故だろうか。

記事にあるように、Service Packのリリース待ちというのは一つの理由として挙げられる。企業ユーザはこれまで何度も新製品の導入で煮え湯を飲まされている。このため、心理的にも初期不具合を解消するService Packが出るまで見送りたくなってしまう。特に、「Microsoft製品は"バージョン3"でようやく使い物になる」と昔から言われている。(Windowsも3.0でようやく実用的になった)
当初からVistaの高い品質をアピールしてきたMicrosoftとしては、これを否定するようなService Packは出し渋ってきたのかもしれない、しかし、それが裏目に出たのではないだろうか。

また、必要以上にメモリーを必要とするVistaのアーキテクチャにも問題がある。しかも、その高価なメモリをデスクトップの3D表示(Windows Aero)など企業ユーザが必要としない機能で食いつぶしてしまう。一部では、Windows AeroはOSのマルチスレッドを効果的に見せたいMicrosoftの思惑とまで言われている。しかし、MicrosoftがVistaでアピールしている「生産性の向上」にはどうしても結びつかない。

一体、MicrosoftはWindowsユーザをどこに導きたいのだろうか。僕は、その答えが出るまでVistaにアップグレードしたくはない。
[PR]
by rtanaka | 2007-11-26 12:54 | column
「Firefox 3 Beta 1」ようやく登場--レンダリングエンジン「Gecko 1.9」を採用:ニュース - CNET Japan
Mozillaは、当初の予定よりも数カ月遅れて米国時間11月19日夜、広く利用されているオープンソースのウェブブラウザである「Firefox 3」の最初のベータ版をリリースした。

a0041513_12401816.jpg
最近はベータ版をあまり使わないようにしているのだが、久しぶりにチャレンジしてみた。

メニューなどは殆ど変わってないので、基本的な機能や操作性は変わってないようだ。ブックマーク関連はタグ付けできるなど、かなり機能アップしたようだがまだ見ていない。

見た目で大きく変わったのはGUIがOSネイティブに対応したことだ。Windows版では殆ど分からないがMacだと一目瞭然。Firefoxのスクロールバーやボタンなどだけでなく、表示されるコンテンツ内のボタンやセレクターなどもSafariと同じようにMacのアクアデザインになったのが嬉しい。

うわさの「Gecko 1.9」は、確かにレンダリングが速くなった気がする。初めて読み込むページではそんなに違いを感じないが、一旦読み込んだページの表示は速くページ全体が一度に表示される印象がある。特にGmailは(Gmail自身のバージョンアップもあるが)ページ切り替えがより速くなった感じ。

全体的に文字化けなどはなく安定しているようだが、「My Yahoo!」の検索ボックス表示が崩れた(WindowsでもMacでも同じ)のが唯一のバグかな。

関係ないが、FirefoxではSSLのエラーになっていた「チケットぴあ」のページも正しく表示できる。但し、これは機能ではなくSSLの設定問題かな。

ベータ1と言えかなり安定しているので、継続して使ってみたい。
[PR]
by rtanaka | 2007-11-21 12:59 | products
「ペーパーバックより軽い」:アマゾン、電子ブックリーダ「Kindle」発表:ニュース - CNET Japan
ニューヨーク発--「なぜ書籍はアナログ時代の最後の砦なのだろうか」。オンライン小売業大手のAmazonの最高経営責任者(CEO)であるJeff Bezos氏は、ニューヨークのユニオンスクエアにあるW Hotelにおける新しい電子ブックリーダ「Amazon Kindle」の発表に際し、聴衆らにそう問いかけた。

これまでソニーなどにより何度か製品化されてきた電子ブック。「Amazon Kindle」はその本命になれるだろうか。個人的には、キーボードなどを隠してもう少し"本"に近いデザインの方が馴染めるのだが。あと、もう少し薄くならなかったのだろうか。ただし、これまでの電子ブックリーダーとは違い、ウェブリーダーのような機能も持っているのが特長。この辺りの機能で、紙とは違う可能性を膨らませられれば、書籍の置き換えではない新たなメディアとして期待できるのだが。
日本語版はまだ出そうにないので、とりあえず米国の動向を静観しておこう。
[PR]
by rtanaka | 2007-11-20 12:42 | products
これを見ろ!? OSSのインターネットTVビューア「Miro 1.0」が公開 | パソコン | マイコミジャーナル
Participatory Culture Foundationは13日、各種映像配信サービスに対応したインターネットTVビューア「Miro 1.0」をリリースした。対応プラットフォームはWindows 2000/XP/VistaとMac OS X 10.3以降、Linux(Fedora/Ubuntu/Debian/Gentoo)の3種。ライセンスにGPL v3を適用したオープンソースソフトウェアとして、ソースコードも公開される。

さっそく使ってみました、見てみました。
iTunesライクなインターフェイスで使いやすく、YouTubeのコンテンツをダウンロードして見るとスムーズで画像や音質も思ったよりまとも。地上波のアナログテレビ程度の品質じゃないかな。自宅でMac miniにテレビを繋いで使っていると、本当にテレビを見ているような感じがする。これは、しばらく遊べそうだ。

■Miro
http://www.getmiro.com/
[PR]
by rtanaka | 2007-11-15 12:59 | products