IT関連の話題をピックアップしてコメント中!
by rtanaka
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
タグ
カテゴリ
検索
リンク
最新のトラックバック
『近未来テレビ会議』で「..
from idea*idea
アースデイ 大阪
from アスファルト
『広告批評』の批評
from muse-9
SEOとスパムの狭間で・・
from WebGrove
「GPhone」でVer..
from トピックスバーストβ2.0
世界長者番付、ビル・ゲイ..
from スーパーサイヤ人
モバイルGmail Go..
from ブログで情報収集!Blog-..
Vista、発売開始から..
from IT最新ニュース
【再販権付き・特典40本..
from 情報販売のインフォカート・・..
人気観光地
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
ITmedia エンタープライズ:「.NETはJavaを打ち負かした。次の相手は誰だ?」とMS
「われわれはJavaを打ち負かしたが、開発ツールはまだ成長の余地がある」――。Microsoftの上級幹部はこう述べた。同社は開発環境の成長のためにどのような手をうっているのか。

突然、降って沸いたような勝利宣言。根拠は分からないが、「われわれは5年前、J2EE(Java 2 Platform, Enterprise Edition)に苦戦していた。しかし、われわれは4分の1という市場シェアから、現在は60%のシェアを持つまでに成長した」と言い切っている。

「J2EEは勢いを失った」のは事実かもしれない。5年前から較べれば、JEE(J2EE)は一時の勢いを失ったように見える。しかしこれは、JEEの失速と言うよりエンタープライズ・アプリケーションが予想以上に複雑になったことが原因じゃないだろうか。このため、.NETよりむしろLLに見られる軽量アプリケーションが勢いを増している。

一方、.NETのシェアは増えていると思うが、問題も顕在化してきている。特に、チーム開発の弱さが原因で、.NETを支持する開発者のスキルと要件がミスマッチを起こしているのではないだろうか。つまり、従来のRAD型開発スタイルのまま大規模アプリケーションやWebアプリケーションを設計、開発を行って失敗するケースが多い。

特に、Webアプリケーション開発では一般に多階層システムとするが、これが設計できないことが良くあるようだ。Java開発では一般的だが、.NET開発者(=VB/ASP開発者)にはそういった概念がない。

これは、Microsoft製品ではそういったことを意識せず動作するプログラムが開発できるためだが、問題はそれだけではスケーラビリティや拡張性が確保できない場合が多く大規模アプリケーションでは、RAD開発が向かないためではないだろうか。
[PR]
by rtanaka | 2006-07-31 12:46 | news
OpenDarwinの終焉 - 4年にわたる活動に幕 (MYCOMジャーナル)
OpenDarwinプロジェクトは25日(米国時間)、すべてのプロジェクトを停止することを発表した。今後アクティブな関連プロジェクトの管理者に対し通告するとともに、滞りなく他のサイトへ移行できるよう協力を行う。OpenDarwinのサイト閉鎖後しばらくは、DNSリダイレクションとメールの転送も実施するとのこと。

AppleのMacOS XのコアをOSS化した「OpenDarwinプロジェクト」が4年で終わりに。当初は出たばかりのMacOS Xで動作するアプリケーションの増加や、MacOS X自身のブラッシュアップに繋がることを期待していたと記憶している。

今回のプロジェクト停止は、目的達成ではなく単にプロジェクトとして失敗ようだが、AppleのOSSへの取り組みは今後他の形で実現されるだろうか、それともOSSから離れてしまうのか、気になるところ。
[PR]
by rtanaka | 2006-07-27 12:54 | news
サイト広告に乗り出す自治体,その是非を考える:ITpro
みなさんは自分が住んでいる市区町村のWebサイトをご覧になったことがあるだろうか。各種行政手続きの紹介はもちろんのこと,ゴミの収集情報から夜間や休日に利用できる病院の案内まで,最近では幅広い情報が各自治体のWebサイトに掲載されている。中には公共施設の予約や図書館の蔵書検索ができるサイトもある。

財政再建が叫ばれる中、地方自治体の取り組みもさまざまだ。一般企業のアイデアを取り込みつつも、まったく同じでは公共性に欠ける場合もあり、より高いモラルで望まなければならないのは当然だろう。

地方自治体のウェブサイトへの広告是非は、こういったモラルの上に成り立っているかが重要だ。例えば、公共性の高い広告を優遇したり、掲載広告のサイトチェックなど、一般企業の広告と同じではダメだ。

特に、掲載した広告のサイトに問題があった場合、単にスペースを提供しただけと思ってはいけないと思う。訴訟問題になってから判例に基づいて対応するのではなく、今後は、そういった基準作りも必要になるだろう。

しかし、IT時代の昨今、こういった取り組みを避けたり無視する方が不適切である。前向きに、積極的に取り組んでほしい。
[PR]
by rtanaka | 2006-07-27 12:41 | column
ITmedia D LifeStyle:「つくばエクスプレス」が“ホット”な理由 (1/2)
「つくばエクスプレス」の開業から、ちょうど一周年にあたる8月24日、いよいよ“列車内無線LAN”の商用サービスが始まることになった。時速130キロに達する列車の中で、普段と同じホットスポットが利用できるという、よく考えると画期的なサービスだ。

乗る機会がないのでイマイチ有り難味が沸かないが、便利良そうだ。普段は地下鉄が多いので、モバイル系は殆ど使えないのでうらやましい限りだ。でもアキバ系ユーザが多そうな「つくばエクスプレス」ならではのサービスかも。
[PR]
by rtanaka | 2006-07-26 12:56 | news
“最後のFM局”Last.fmがついに日本上陸--ラジオサービスは秋開始に - CNET Japan
「(ユーザーに必要な)最後のFM局」という名を持つ音楽サービスが、ついに日本に上陸した。ユーザーに新しい音楽との出会いを提供するというコンセプトを武器に、レコードレーベルを巻き込んでサービスを展開する考えだ。

会員DBが世界統一なのでユーザ登録せず日本語版を使えたのは良いが、肝心のラジオサービスがないので興醒め。一応、iTunesなどの楽曲データを元に、オススメなど表示されるようだがあまり面白みがない。

日本語版では著作権の問題でラジオサービスが難しいとの噂もあるが、一応秋には提供されるとの話もあり今後の展開はまだ不透明かも。有料サービスや「Excite Music Store」のダウンロード販売は興味ないので、暫くは英語版で我慢するかな。
[PR]
by rtanaka | 2006-07-26 12:42 | news
WikiをMS Officeに近づけた「JotSpot 2.0」 (MYCOMジャーナル)
JotSpotは7月24日(米国時間)、Wikiアプリケーションプラットフォームの最新版「JotSpot 2.0」のリリースを発表した。従来までのようなテキスト編集だけではなく、カレンダー、スプレッドシート、ファイル保存、ドキュメント、写真ギャラリーなど様々な種類のページを簡単に作成し、複数のユーザーで共有できる。

Wikiの定義って何だろう。そんな風に思えるサービスだ。しかも、複数人で同じドキュメントを同時に編集できるLive機能が面白い。確かに、オンラインで使っていると競合の問題が発生し易い。しかも、運用で回避できない場合もあり、Webシステムを作っていて問題になることもしばしば。

従来のWikiスタイルに拘ることなく、「速い」「急ぐ」「形式張らない」コンテンツが自由に作れて共有できるなら、こんな素敵なことはない。
[PR]
by rtanaka | 2006-07-25 12:56 | products
マイクロソフトのiPod対抗ブランドが明らかに--その名は「Zune」 - CNET Japan
Microsoftのマーケティングを担当するゼネラルマネージャーのChris Stephenson氏は声明で、「われわれが、音楽とエンターテインメントを提供するためのプロジェクト『Zune』を進めていることは事実だ。Zuneブランドの下、ハードウェアやソフトウェアの製品シリーズを提供する予定だ。最初のシリーズは2006年内に提供を開始する」と述べた。

かねてより噂の品が公式になった。iPod対抗デバイス発売ってことで、これまでデバイスメーカと気付いてきた戦略を一転することになる。ただし、デバイスメーカにとっても市場が大きくなるならMicrosoftの参加は歓迎する意向を示している。しかし、これまでの例からすればベスト3位までに入らないと厳しいと思う。

「Zune」ブランドのデバイスは標準でWi-Fi機能を備え、いつでもどこでも自分の音楽を聴けるらしい。Microsoftらしいハイスペック構想だが、携帯デバイスには適度に機能を削ぎ落としたシンプルなインターフェイスと使い易さが必要だ。買うつもりないけど、Windows Mobileベースだけはやめて欲しい。

ところで「Zune」って何て読むの。「ずーん」でいいのかな。携帯デバイスの割には、なんか重そうな響きでイマイチ。「xbox」と言い「Zune」と言い、Microsoftってこの辺のネーミングセンスは好きじゃないなぁ。
[PR]
by rtanaka | 2006-07-24 12:45 | news
【ハウツー】JavaだってRubyに負けちゃいない - JavaでもRails クイックスタートGrails (MYCOMジャーナル)
Javaの世界においてホットな話題といえばスクリプト言語。このなかでもJava言語と近い文法をもつGroovyはJavaデベロッパにとって親しみやすいだろう。このGroovyを使い、Ruby on Rails(以降、RoR)に触発されたフレームワークとしてGrailsが開発された。JavaOneにおいてOracleがサポートを表明するなど、エンタープライズでの利用も進みそうだ。本稿ではGrailsを使って小さなアプリケーションを作ってみる。

最近、Ruby on Rails関連の書籍が一度に3冊発売されるなど、まだまだ人気の衰えを知らない。そんな中、Groovyによる実装が出て興味深い。Javaのように強い型付けがあるとRubyのような使い方はできないしね。

ここで期待したいのが、JavaとGroovyの相互運用により、いいとこ取りでシステムを構築できるかって事。相互運用の仕組みはJSRでサポートされるが、実際のシステムで使えるかは全く別の話。でも、ひとつの可能性を示しているので興味深い。誰かチャレンジしないかな。
[PR]
by rtanaka | 2006-07-21 12:43 | products
BCNランキング :: 経営戦略 :: アスキー、「月刊アスキー」がパソコンから「卒業」、ビジネス誌へ転身
アスキー(佐藤辰男代表取締役社長)が発行する1977年創刊の雑誌「月刊アスキー」が、通算350号目の2006年8月号を最後に「パーソナルコンピュータ総合誌」の看板を下ろした。10月に「ITがあたりまえの時代の、あたりまえでないビジネス誌」を目指しリニューアルする。

とりあえず買ってみた。まだちゃんと読んでないけど、ちょっとしたパソコン小史になってる感じ。よくパソコンを文房具に例える人がいるけど、最近は本当にそうなりつつある。

紙と鉛筆・・・ワープロ
そろばん、電卓・・・表計算
辞書、百科事典・・・Webブラウザとコンテンツ(Wikipediaなど)
手紙、電話・・・メール、IM(インスタントメッセンジャー)

ビジネス誌としての「アスキー」は、我々にどんな提案をしてくれるのだろう。
[PR]
by rtanaka | 2006-07-20 12:15 | news
米Microsoft、次期Windows Serverで仮想化技術「Xen」との相互運用性を実現
米Microsoftは7月17日(米国時間)、米XenSourceと提携し、次期Windows Server(開発コード名:Longhorn)で自社の仮想化技術「Windows Hypervisor」とオープンソースの仮想化技術「Xen」の相互運用性を実現すると発表した。これにより、Windows Server上でXen対応のLinuxサーバーを動かすことができるようになる。

MicrosoftのOSSとの協調は、どこまで本気だろうか。
[PR]
by rtanaka | 2006-07-19 12:14 | products