IT関連の話題をピックアップしてコメント中!
by rtanaka
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
タグ
カテゴリ
検索
リンク
最新のトラックバック
『近未来テレビ会議』で「..
from idea*idea
アースデイ 大阪
from アスファルト
『広告批評』の批評
from muse-9
SEOとスパムの狭間で・・
from WebGrove
「GPhone」でVer..
from トピックスバーストβ2.0
世界長者番付、ビル・ゲイ..
from スーパーサイヤ人
モバイルGmail Go..
from ブログで情報収集!Blog-..
Vista、発売開始から..
from IT最新ニュース
【再販権付き・特典40本..
from 情報販売のインフォカート・・..
人気観光地
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧
テキスト検索エンジンライブラリ - Apache Lucene 2.0 登場 (MYCOMジャーナル)
The Apache Lucene Project, the Apache Lucene (Java)は27日(米国時間)、Apache Luceneの最新版であるApache Lucene 2.0を公開した。Apache LuceneはJavaで作成された高性能高機能なテキスト検索エンジンライブラリ。同プロジェクトは、Apache Luceneはテキスト検索を必要とするアプリケーション、とくにクロスプラットフォームで動作する必要がある場合には適切なテキスト検索エンジンライブラリだとしている。

Javaから簡単に使える全文検索エンジンはありそうで意外と少ない。この「Apache Lucene」はその数少ないプロダクトの一つであり、以前から注目していたエンジンだ。これをうまく他の製品に組み込んで、もっと簡単に(特に日本語)扱えるようにしたい。
[PR]
by rtanaka | 2006-05-31 12:28 | products
ITmedia エンタープライズ:調査リポート:オープンソースがリサーチの計測基準に
アプリケーション開発市場に関するGartnerの調査基準が、オープンソースによって変化している。同市場におけるオープンソース開発ツールの成長を見れば、その影響力の大きさは明らかだ。
アプリケーション開発市場に関するGartnerの調査基準が、オープンソースによって変化している。新たな基準に照らした調査では、プロプライエタリなJavaアプリケーション開発ツールが「負け組」になっているようだ。

ボーランドなどを思い浮かべてしまうが、「負け組」という表現はいかがなものか。むしろ、積極的にオープンソース製品(この場合はEclipse)と統合・共通化を図ったと、評価すべきじゃないだろうか。

最近では、SunがNetBeansとEclipseの歩み寄りを見せている。これも、勝ち負けで表現しては語弊があると思う。これからは、マスコミなどが適切に反応することで、業界全体の成長に影響すると思うので注意して欲しい。
[PR]
by rtanaka | 2006-05-30 12:19 | news
Google、画像編集、共有ソフト「Picasa」のLinux版を公開 - CNET Japan
Googleは、Google LabにおいてPicasa for Linuxを公開した。Picasa for Linuxは、パソコン内の画像を収集し、管理、編集、共有が可能な画像管理ソフトのLinux版。起動時にパソコン内の画像ファイルを検索し、新たに発見されたファイルを自動的に日付を名称としたフォルダに追加する。また、画像の編集や共有機能も搭載する。

便利な画像管理ツール「Picasa for Linux」。今度はMac対応かな。
[PR]
by rtanaka | 2006-05-29 12:45 | products
JavaとHTMLだけで完了、Wicket 1.2 待望の正式公開 (MYCOMジャーナル)
The Wicket projectは24日(米国時間)、Wicketの最新版となるWicket 1.2を公開した。WicketはJavaコンポーネントベースのWebアプリケーションフレームワーク。Wicket 1.2で3度目のメジャーリリースにあたる。同プロジェクトはWicket 1.2は7ヶ月間にわたるデベロッパとユーザの作業の結果であり、重要なマイルストーンだとしている。

JavaでWebアプリケーションを開発する場合、画面(View)と業務ロジック(Model)を切り分けるためにMVCモデル(またはMVC2モデル)と呼ばれるプログラミングスタイルをとる。この時、JSP+Servletが基本的に用いられるが、実態としてはJSPとServletは同じためよほど上手に構築しないとキレイなMVCモデルにならないし効率も悪い。そこで登場したのが、初めて普及したJavaフレームワークとして知られるApache Strutsである。

Apache Strutsは、MVC2モデルを実現するきわめてシンプルなフレームワークで、これに沿って構築すると自然とMVC2モデルが実現できてしまう。特に、Java初心者にとってWebシステムで注意しなければならないHTMLタグの変換などをあまり意識しなくて良いので、僕も多くのシステムで採用してきた。ただし、Apache Strutsだけでは完璧ではない。昨今は、Apache Strutsでは不十分な点が指摘され始めている。

まず、ビジネスロジックであるModelの部分が全くサポートされない。これは欠点ではなく、Apache Strutsでは重荷Viewを切り出すことが目的で、Modelに関しては自由に作れるようになっているのが本当のところだ。しかし、開発者のニーズはViewだけでなくModelにまで及んできている。これをサポートするものはまだないが、Spring Frameworkやseasar などDIをベースにModelを構築するのが流行のようだ。DIはApache StrutsのActionがServletに依存する問題を回避するためにも採用されている。

次に指摘されるのが、Apache StrutsがJSPに依存する点である。JSPは実行時にSerlvetに変換されることからも、性能面、機能面では柔軟性に富んでいる。しかし、使い方を誤るとView以外のロジックがかけてしまうため、MVCモデルがキレイに実装できない原因にもなってしまう。また、JSPは実行しなければデザインを確認できないため、デザイナとの分業を阻害する要因になっている。更に、Apache StrutsではJSPにTaglibを使ってタグを拡張しているので、尚更デザインとの分業が難しくなっている。

前振りが長くなったが、「Wicket」はこれを解消するのに役立ちそうだ。まず、HTMLベースなのでデザインを壊さない。また、余計なロジックが書けないのでMVCモデルを徹底できるし、POJOベースのJavaBeanとの連携でServletなどに依存せずユニットテストも容易に出来る。更に、XMLなど設定ファイルを使わないので管理も容易になる。

最近は、似たようなプロダクトも多くなったが、それだけニーズがあるということだろう。そんな中、Apache License Version 2.0で公開されたこのWicketは注目のプロダクトだ。
[PR]
by rtanaka | 2006-05-26 12:36 | products
100ドルノートPC、実現に向け一歩前進--オレンジ色のプロトタイプも登場 - CNET Japan
開発途上国の子供たちに低価格のPCを提供するという「One Laptop Per Child(OLPC:すべての子どもにラップトップを)」の目標が、また一歩実現に近づこうとしている。
非営利団体のOLPCは今週、いわゆる「100ドルPC」のプロトタイプを披露している。OLPCが、実際のコンピュータ部品を積んだプロトタイプを発表するのは今回初めてだ。

このブログでも何度か伝えているOne Laptop Per Child(OLPC)の100ドルノートPCだが、実現に向けて着々と進んでいるようだ。これまでモックアップしか公開されていなかったが、今回は稼動するプロトタイプが作られ公開された。

オレンジ色のこのモデルは、うさぎの耳のような突起物(無線LANのアンテナと思われる)が着いていて、かなりユニークなデザインだ。持ち運びようの取っ手は健在だが、前回のデザイン変更の通り発電用のハンドルはなくなった。

また、前回から参加を表明していたRed HatのメンバーはFedora Core 5をベースに、OSを400MBから250MBまでパッケージを削ったらしいが、僕から見てもまだまだ大き過ぎるように思う。まだ削れるらしいが、Perlだけで30MBもあるそうだ。これじゃ、大きくなるはずだ。
[PR]
by rtanaka | 2006-05-25 12:36 | products
窓の杜 - 【NEWS】MS、「2007 Microsoft Office」日本語ベータ版の一般向け無償公開を開始
マイクロソフト(株) は24日、同社製オフィス統合環境の次期バージョン「2007 Microsoft Office system」(以下、Office 2007)の日本語版 ベータ2の、一般向け無償公開を開始した。Windows XP/Server 2003に対応しており、現在Office 2007の公式サイト“the 2007 Microsoft Office system プレビュー サイト”からダウンロード可能。本ベータ版は評価目的でのみ利用可能で、使用期限は2007年2月1日まで。また、ユーザーサポートは提供されない。

「2007 Microsoft Office」日本語ベータ版が一般向けに公開された。メニューバーを一新して話題に成っているが、あまり使ってみたいと思わないのは何故...。やっぱり、オフィス製品は新鮮味がなくなってしまったのだろうか。
[PR]
by rtanaka | 2006-05-24 12:58 | products
米Apple、Nikeと提携。シューズにiPod nano連携機能
米Appleは23日(現地時間)、Nikeとの提携を発表。Nikeのランニングシューズなどフットウェア製品をiPod nanoとワイヤレスで連携可能とする「Nike+iPod Sport Kit」を60日以内に発売する。価格は29ドル。

音楽聴きながらスポーツしてデータ収集までできる。SFなんかではありがちだが、ついに製品化される。実際、ウォークマンしながらランニングしている光景は良く見かける。この製品を使えば、その結果をiPod nanoに収集できるようになるらしい。まるで、現代の万歩計だ。

しかも、手ごろな価格で手に入るところが素晴らしい。ウェアラブル・コンピュータのように、技術的に可能なことは良く分かるが、価格や実用性に疑問がある製品がよくある。この製品は、Nikeのシューズ(Nike+と呼ぶ)が100ドル(市場想定価格)、Nike+iPod Sport Kitが29ドル、iPod nano(1GB)が149.00ドルで手に入る。

普段シューズはNew Balanceを愛用しているが、思わずNikeのシューズが欲しくなってしまう。スポーツしなけりゃ意味ないけど。

Apple - Nike+iPod
[PR]
by rtanaka | 2006-05-24 12:57 | products
本田雅一の「週刊モバイル通信」13.3型ワイド液晶の「MacBook」
ファーストインプレッション

“12型モデルの後継として、ワイドスクリーン13.3型のディスプレイを搭載した小型のMacが出てくる”
そんな噂は昨年(2005年)ぐらいからあったものの、それがiBookの後継とされるMacBookとして投入されると言われ始めたのは比較的最近のことだ。そして登場した初代MacBookは、iBookの後継というよりも、MacBook Proの別バージョンといった雰囲気である。

益々欲しくなったが、ノートPCを沢山持ってても使わないのが難点...
[PR]
by rtanaka | 2006-05-24 08:52 | products
【レポート】JavaOne 2006 - PlayStationエミュレータをJavaで実装 (MYCOMジャーナル)
PlayStationは、いわずと知れたソニーコンピュータエンターティメントの家庭向けゲーム機である。米サンフランシスコで16日(現地時間)より 4日間にわたって開催された2006 JavaOne Conferenceにおいて、「Writing a PlayStation Emulator Using Java Technology」という興味深いタイトルのテクニカルセッションが行われた。スピーカーはGraham Sanderson氏とMatt Howitt氏。両氏はJavaプログラムでPayStationのエミュレータを実装することに成功したとのことである。

これは本当に凄いし、使ってみたい。初代PlayStationとは言え面白いゲームは沢山あるし、JVMで動くJavaで性能を問われるゲームが動くことが本当に凄いぞ!
[PR]
by rtanaka | 2006-05-23 12:45 | technology
ITmedia エンタープライズ:Eclipseに歩み寄るSun
米Sun MicrosystemsとEclipse Foundationは数年にわたって対立し、相手の取り組みを尊重したがらなかったが、今は積極的に協力し合っている。
5月17日のJavaOneでの取材の中で、Eclipse Foundationのエグゼクティブディレクター、マイク・ミリンコビッチ氏は、同団体はSunからEclipseプロジェクトへの最初の協力者を認めたと語った。
「今の時点で、われわれにはSunからの最初の協力者がいる。彼らはEclipseプラットフォームに、Solaris x86/Motif向けSWT(Standard Widget Toolkit)を実現するためのコードを提供した」(同氏)

どんな形にせよ、最初の一歩を進めてくれたことは嬉しい。あとは、業界全体がこれを推し進めてくれることだ。そのためには、ユーザである我々もこれを後押ししなければならないだろう。
[PR]
by rtanaka | 2006-05-22 12:23 | news