IT関連の話題をピックアップしてコメント中!
by rtanaka
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
タグ
カテゴリ
検索
リンク
最新のトラックバック
『近未来テレビ会議』で「..
from idea*idea
アースデイ 大阪
from アスファルト
『広告批評』の批評
from muse-9
SEOとスパムの狭間で・・
from WebGrove
「GPhone」でVer..
from トピックスバーストβ2.0
世界長者番付、ビル・ゲイ..
from スーパーサイヤ人
モバイルGmail Go..
from ブログで情報収集!Blog-..
Vista、発売開始から..
from IT最新ニュース
【再販権付き・特典40本..
from 情報販売のインフォカート・・..
人気観光地
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
以前の記事
ライフログ
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 04月 ( 24 )   > この月の画像一覧
本当はすごい「Windowsの互換性維持」:ITpro
マイクロソフトは4月26日,2週間前に出したばかりのセキュリティ更新プログラム(MS06-015,KB908531)をリリースし直した。当初のパッチを適用すると,日本ヒューレット・パッカード(HP)やNVIDIAが提供するソフトウエアで不具合が発生した。マイクロソフトはこの問題に対処するために,パッチをリリースし直したのである。

記事中にあるように、一見すると場当たり的な対応の積み重ねが互換性維持に繋がっているのは本当だ。しかも、それはソフトウェアを作る立場で見れば物凄いことである。

特に、OSは影響範囲が広く、その複雑性から言っても簡単でないことは容易に想像ができる。更に、各種ドライバ・ソフトなど他社が作ったソフトウェアを組み合わせて動かなければならないので、その組み合わせは膨大だ。もちろん、ソフトウェアだけでなくハードウェアとの組み合わせも検証しなければならない。

数千人とも言われる、MicrosoftのWindows開発者の半数がこのような試験に従事していると聞くが、最もなことだと思った。ソフトウェア産業では、よく"生産性"や"品質"を求められているが、これらを実現するために人材や量的な労力に支えられることは当分続くに違いない。
[PR]
by rtanaka | 2006-04-28 12:54 | technology
ITmedia News:Firefoxに乗り換え促す「IEデストロイヤー」ツール公開
「Explorer Destroyer」を導入したサイトでは、ユーザーがIEを使っているとFirefoxへの切り替えを促し、場合によってはFirefoxでないとそのページを見えなくしてしまう。

ちょっと大胆なツール。しかも、単なるジョークではなく実際に乗り換えたユーザがいるとGoogleのAdSenseを使って1ドルサイト側に支払われる。
ツールはWebサイトに導入して、訪れたユーザーにFirefoxへの切り替えを促すもの。GoogleのAdSenseプログラムを利用して、IEからFirefoxに切り替えたユーザー1人につき、サイト側に1ドルが支払われる仕組みになっている。

どんなビジネスか判らないが、どれだけの人がのこ意見に乗るか興味深い。
同メッセージは「フォースを使ってあなたのユーザーを説得し、ダークサイドから切り離す」ためのものだとサイトでは説明している。

さて、一体ダークサイドから、何人の人が救われるんだろうか...
[PR]
by rtanaka | 2006-04-27 12:15 | products
あなたはLinus?それともBill?--草の根無線LAN「FON」が日本でも始動 - CNET Japan
自分の持つリソースを多くの人に無償提供する代わりに、ほかの人のリソースを無料で利用できる「Linus」と、自分のリソースを有料で提供する代わりに、ほかの人のリソースもお金を支払って利用する「Bill」。あなたなら、どちらを選ぶだろうか?

現実にはどちらかだけは選べないので、面白いアプローチだと思う。しかも、サービス名そのものが「Linus」(勿論、LinuxのLinus Torvalds)と「Bill」(勿論、MicrosoftのBill Gates)と呼んでいる。他にも、自分はアクセスポイントを持たず他人のアクセスポイントを有償で利用するだけの「Aliens(エイリアン)」(映画から取ったかは不明)もある。

きっと、個人はLinusを選び、企業(いればだが)はBillを選ぶだろう。

FONはスペインの会社だが、日本での展開をアドバイザーとして支援するのはジョーイこと伊藤穣一氏だ。SkypeがNHKニュースでも取り上げられるほど広がりを見せる中、このFONがどのように展開するか興味深い。
[PR]
by rtanaka | 2006-04-26 12:35 | products
ITmedia エンタープライズ:中国で正規OS搭載を義務付け、オープンソース奨励でMSには逆風の可能性も (1/3)
中国のコンピュータメーカーは出荷するすべてのコンピュータに正規OSを搭載することが義務付けられた。中国におけるソフトの違法コピーの減少につながる可能性があるが、中国は一貫してオープンソースソフトを奨励しているため、MSへのメリットは限定的になるだろう。

先日も、首相が訪米の際に真っ先にMicrosoftを訪問して、ビル・ゲイツとがっちり握手を交わしたばかりだが...
[PR]
by rtanaka | 2006-04-25 13:00 | news
米Microsoft幹部,Linux戦略の進化について語る:ITpro
10年前,米MicrosoftはLinuxやオープン・ソース・ソフトウエア(OSS)活動を脅威とみなしていたが,それらがどういう性質のものなのか完全に理解していなかった。米IBMや米Netscape(当時),米Corelなど,Microsoftが過去に直面してきた企業による脅威とは異なっていたからだ。LinuxやOSSのことを,競争相手であると同時に宗教や哲学のようにも思っていたのだ。しかし,Microsoftのプラットフォーム戦略部長であるBill Hilf氏によると,これらはすべて過去の話らしい。

[PR]
by rtanaka | 2006-04-24 12:29 | technology
GoogleのAPI戦略に新たな動き、GDataで「Google Calendar」のAPI公開 (MYCOM PC WEB)
Googleが「Google Calendar」のデータAPIを公開した。GData(ベータ)という新たなAPIモデルを基盤としている。
Google Calendarは、4月12日にべータ公開されたばかりのオンライン予定表サービスだ。APIが公開されたことで、開発者は同サービスにアクセス可能なカスタム・サービスやアプリケーションを作成できる。最近..

「Google Calendar」が出た時API公開を期待する記事を書いたが、早速APIが公開されることになった。しかも、「Google Calendar」専用ではなく「GData」(Google Data APIs)と呼ばれる、API基盤に基づいている。

さて、このAPIを使ってどんなサービスが登場するだろうか。こちらも期待したい。
えっ、自分で作れって?
[PR]
by rtanaka | 2006-04-21 12:46 | technology
米Microsoftのスパム対策技術「Sender ID」、その最新成果は? (MYCOM PC WEB)
米Microsoftは4月18日(現地時間)、同社が現在取り組んでいるスパム対策の最新成果と、それをISPなどのサービスプロバイダにフィードバックするための新しいサービス「MSN Postmaster Services Program」を発表した。これは4月19日(同)に米イリノイ州シカゴで開催予定のスパム対策を議題にしたカンファレンス「Email Authentication Summit II」に先駆けて公表されたもの。同社が推進するスパム対策技術「Sender ID」のさらなる利用率向上を目指し、パートナーとの協力体制強化でライバル技術との違いをアピールするのが狙いだ。

個人の特定にもつながる、「Sender ID」は発表された当初から問題視されている。推進派のMicrosoftはその成果をアピールしている。成果そのものは間違っているとは思わないが、それとトレードオフにしたものはなんだったのか。あまり詳しくないが、本当のところどうなんだろう...
[PR]
by rtanaka | 2006-04-20 12:59 | technology
ブログ記事を集めたメディアサイトが自由に作れる「edita」 - CNET Japan
アライドアーキテクツは4月18日、複数のブログを集めて1つのウェブサイトが作れるサービス「edita(エディタ)」のベータ版を公開する。サイトオーナーがブログ記事を自由にカテゴリ分けして表示できる点が特徴だ。
editaは複数のブログに書かれた記事の中から、特定のジャンルについて書かれたものだけを収集し、カテゴリ別に分類して表示するサービスだ。記事を取得したいブログと、キーワード、カテゴリ名をあらかじめ登録しておくと、そのブログの中からキーワードが本文中に書かれている記事を収集し、自動的にカテゴリ別に分けて表示する。なお、editaを使うユーザーは、自分が記事を収集したいブログのオーナーに対して事前に許可を取る必要がある。

ちょっと分かり難いが、ブログの記事を再編集してブログとして公開する機能のようだ。ちょっと、ソニーのハードディスク搭載DVDレコーダー「スゴ録」の「x-おまかせ・まる録」機能に似ているが、再編集したりカテゴリで再分類できるのが特徴だ。そういった意味で、「edita(エディタ)」を使うオーナーを"編集長"と呼んでいる。

雑誌編集をモデルにしたシステムだが、そのためには良い記者と編集、構成能力が問われると思う。そういった意味では、ブログの表現力には制約があるのでかなり厳しそうに思う。むしろ、ブログのよさを活かして素早い記事選びと編集、それらの記事を纏めるコメントを付けられると面白い。

自分で、「edita(エディタ)」を使おうとは思わないが、これを使ってどんなコンテンツが登場するかは興味がある。
[PR]
by rtanaka | 2006-04-19 12:49 | products
Windows Media Player 11、XP版は6月末までに登場 - CNET Japan
Microsoftは、次期オペレーティングシステム(OS)「Windows Vista」に新しい音楽プレーヤーソフトを搭載する予定だが、少なくとも一部の新機能はずっと早めに登場するだろう。

「Windows Media Player 11(WMP 11)」は、Microsoftとしては珍しく特定のベンダーに依存しない製品だ。Appleの「iTunes」はiPod専用だし、ソニーの「MagicGate」はソニーのメディアプレイヤー専用になっている。しかし、音楽プレイヤーを持たないMicrosftは各社のプレイヤーとの連携を模索している。

特に安価なプレイヤー(例えば、エバーグリーン製999円MP3プレーヤー)は専用のソフトを持たないので、「WMP」を使うことを前提にしている。その結果、同社としては珍しくオープンな仕様(と言ってもMP3対応がメインだが)になっている。この辺りを強みに、音楽プレーヤーソフトに新しい選択肢なるだろうか。
[PR]
by rtanaka | 2006-04-18 12:59 | products
"紙の物性"への原点回帰"UNBALANCE / BALANCE" - TAKEO PAPER SHOW 2006 (MYCOM PC WEB)
「TAKEO PAPER SHOW 2006」が13日から、スパイラルガーデン & ホールで開催されている。会期は15日までで、入場は無料。紙の素性を「パリパリ」「ふんわり」「スケスケ」「ツルツル」「ザラザラ」の5つのキーワードで切り分け、そのキーワードによって収集あるいは制作された紙製品の展示などが楽しめる。1970年から続く展示会で、"紙の専門商社"竹尾が主催する。

紙の持つ可能性をとことん突き詰めた展示会で、パッケージングだけでも様々。また、紙の素性を分類するキーワードがユニーク。紙って、手触りも素敵な高級紙もあれば、強度が高い和紙もある。紙すきのタイミングで様々な加工も出来る。そして、再利用もし易い。

今のIT業界って、こういうセンスが欠けていると思う。もう10年くらいして、技術としてではなく手段としてのIT屋が出てくると、この業界も次のステージへ進めると思う。

しかし、「スケスケをキーワードに「鳩サブレーの包み」。想定クライアントは豊島屋。」ってピンポイント過ぎるんじゃないの。
[PR]
by rtanaka | 2006-04-17 13:00 | news