IT関連の話題をピックアップしてコメント中!
by rtanaka
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
タグ
カテゴリ
検索
リンク
最新のトラックバック
『近未来テレビ会議』で「..
from idea*idea
アースデイ 大阪
from アスファルト
『広告批評』の批評
from muse-9
SEOとスパムの狭間で・・
from WebGrove
「GPhone」でVer..
from トピックスバーストβ2.0
世界長者番付、ビル・ゲイ..
from スーパーサイヤ人
モバイルGmail Go..
from ブログで情報収集!Blog-..
Vista、発売開始から..
from IT最新ニュース
【再販権付き・特典40本..
from 情報販売のインフォカート・・..
人気観光地
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
2006年 04月 19日 ( 1 )
ブログ記事を集めたメディアサイトが自由に作れる「edita」 - CNET Japan
アライドアーキテクツは4月18日、複数のブログを集めて1つのウェブサイトが作れるサービス「edita(エディタ)」のベータ版を公開する。サイトオーナーがブログ記事を自由にカテゴリ分けして表示できる点が特徴だ。
editaは複数のブログに書かれた記事の中から、特定のジャンルについて書かれたものだけを収集し、カテゴリ別に分類して表示するサービスだ。記事を取得したいブログと、キーワード、カテゴリ名をあらかじめ登録しておくと、そのブログの中からキーワードが本文中に書かれている記事を収集し、自動的にカテゴリ別に分けて表示する。なお、editaを使うユーザーは、自分が記事を収集したいブログのオーナーに対して事前に許可を取る必要がある。

ちょっと分かり難いが、ブログの記事を再編集してブログとして公開する機能のようだ。ちょっと、ソニーのハードディスク搭載DVDレコーダー「スゴ録」の「x-おまかせ・まる録」機能に似ているが、再編集したりカテゴリで再分類できるのが特徴だ。そういった意味で、「edita(エディタ)」を使うオーナーを"編集長"と呼んでいる。

雑誌編集をモデルにしたシステムだが、そのためには良い記者と編集、構成能力が問われると思う。そういった意味では、ブログの表現力には制約があるのでかなり厳しそうに思う。むしろ、ブログのよさを活かして素早い記事選びと編集、それらの記事を纏めるコメントを付けられると面白い。

自分で、「edita(エディタ)」を使おうとは思わないが、これを使ってどんなコンテンツが登場するかは興味がある。
[PR]
by rtanaka | 2006-04-19 12:49 | products