IT関連の話題をピックアップしてコメント中!
by rtanaka
メイド・イン・カッシーナ展 2009.4.24FRi.-6.7SUN. 森アーツセンターギャラリー 六本木ヒルズ森タワー52F
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
タグ
カテゴリ
検索
リンク
最新のトラックバック
『近未来テレビ会議』で「..
from idea*idea
アースデイ 大阪
from アスファルト
『広告批評』の批評
from muse-9
SEOとスパムの狭間で・・
from WebGrove
「GPhone」でVer..
from トピックスバーストβ2.0
世界長者番付、ビル・ゲイ..
from スーパーサイヤ人
モバイルGmail Go..
from ブログで情報収集!Blog-..
Vista、発売開始から..
from IT最新ニュース
【再販権付き・特典40本..
from 情報販売のインフォカート・・..
人気観光地
from 国内旅行・海外旅行の豆知識
以前の記事
ライフログ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
グーグル PageRank下降はペナルティか、ビジネスの功罪と思うべきだろうな
グーグル PageRank下降はペナルティか--検索エンジンを惑わせる有料リンク:スペシャルレポート - CNET Japan
2007年10月末、Googleが特定のウェブサイトのPageRankを一斉に下げたことが話題となった。日本でもニュースサイト「japan.internet.com」や「六本木経済新聞」、IT専門書籍販売サイト「SEShop.com」、地図サービス「Mapion」、「MapFan Web」などのPageRankが顕著に下がっている。

2007年10月末、GoogleのPageRankが変わったことは大きな話題になったが、当時はGoogleからは正式なコメントはなかったように記憶している。僕も、すっかり忘れていたが、この記事はいろいろなことを考えさせられる興味深いものだった。

専門家ではないが、PageRankの持つ意味と重要性は理解できる。また、記事中にある「有料リンクを販売しているサイト」が存在していることも何となく知っている。その結果、有料リンクサイトが大きなノイズとなって、PageRankや検索順位が本来意図する結果と違ってしまうことも分かる。このため、Googleとしてはこのノイズを除去したいのは当然だ。

しかし、「クチコミ促進サービス」の排除は、有意義なユーザレビューと区別が付かない事もあるので少々行き過ぎではないだろうか。特に、ブログのレビューは僕も結構参考にするし、自分でも良いサイトへは小豆にリンクしている。

また、こうした行為が「Google八分」と呼ばれる非難に繋がっていることも事実だ。勿論、Googleとしては公明正大且つ公平に行っているつもりだし、そうすべき社会的義務があると思う。

しかし、「検索エンジンのトップに表示されなければ存在しないのと同じ」、とまで言われるように検索結果の順位やそのベースとなるPageRankは大きなビジネスになってしまった。無償サービスが成立する裏には、巨大なインターネット広告ビジネスで支えられている。これはもう後戻りが出来ない事実だろう。

テレビの視聴率とは異なり、インターネットは誰もが直接参加できるメディアだけに、その評価方法も難しく、それを正しくコントロールすることは出来ない。従って、このPageRankの問題は、永遠に解決することがない命題であるに違いない。
[PR]
by rtanaka | 2007-11-29 12:54 | column
<< 、「Windows XP Se... 米IBM、企業向け無料検索製品... >>